2008年 04月 27日 ( 1 )

天外天@千駄木

前から一度食べたいと思っていた中華料理の店に行ってきた。
千駄木にある「天外天」。
陳健一のお父さん、陳健民(日本に麻婆豆腐を初めて紹介した人)の弟子の中川さんの店。
ここのおこげと杏仁豆腐が有名なので、一度食べたいと思ってた。
姉も来てるので、同居人と3人で遠征した。
地下鉄の駅を降りて、すぐにあった。
開店10分前だったけど、5人ぐらい並んでいた。
メニューを見てびっくり。
セット・メニューは手頃な値段なのに、食べたい料理はセットにはない。
仕方なく単品で注文。
一品が1500円ぐらいするんですけど…。

最初に出てきたのが、エビ入りの卵焼き。
これがあっさりしてて、おいしい。
エビ入り炒飯もあっさりしてる。
いわゆる下町の中華の味じゃない。
同居人の頼んだ麻婆豆腐も肉の味がしっかりしてて、おいしい。
私、麻婆豆腐って食べないんだけど、それでもおいしかった。
b0039840_17478.jpg
お待ちかねのおこげ。
土鍋みたいなのを持ってきて、目の前であんをかけてくれる。
この音がたまらない。
じゅうといい音がする。
店員さんが、3人に分けてくれた。
おこげ食べるの初めてだったんだが、もっと米の形が残っているのかと思ったら、煎餅みたいだった。
実は、中華のあんが苦手なので、この煎餅だけ食べた方がおいしかった。
海鮮もエビだけ好きで、貝はまったくダメだし。
それなら食うなって感じですが。

デザートの杏仁豆腐。b0039840_1113397.jpg
「柔らか杏仁豆腐」という、テレビでも紹介される有名な一品。
期待して食べたんだけど、そこまで感動しなかった。
おいしいんだけど、いつも食べてる即席のへい珍楼の「杏雲」との違いがわからなかった。
私の舌が貧乏舌なのか?
これで800円って、高いと思う。
全体的にあっさりですごくおいしかったんだけど、あっさりしてるので、いくらでも食べられそうで怖い。
お会計は同居人もち。
1万円札を出して、おつりが英世一人と小銭だとは…。
おそるべし、高級中華。
[PR]
by ilprincipe | 2008-04-27 20:57 | 食べ物