<   2013年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

まんだらけ

まんだらけにBLを売りに行った。
月が替わると買取値段が変わるので。
オクで安く買ったのを高く売るという。
「せどり」してしまった。
あとブコフで105円で買ったのが、250円になったり。
だいたいは、貯めたポイントでもらった図書券で買った新刊をさっさと読んで売ってます。
あとは、おまけの小冊子目当てで買った本。
これは、出版社の在庫一掃の手段だけど。
この前、ツイッターですごく怒ってた人がいた。
小冊子のために同じ本を買うハメになる、って。
そういう時は、できるだけ高く売れる本を買って、だらけに売ればいいのに。
まあ、地方の人には無理だけど。
あとはオクで買うか。
私も小冊子目当てに、すでに持ってる本買って、さっさと売った。
そこまでして手に入れた小冊子がおもしろくなかったという。
それもオクで売ったけど。
思ったほどいい値段つかなくて、がっかりだよ。
それでもそんなに損はしてないからいいか。

樹生さんの『龍&Dr.』シリーズの同人誌、昔のはすごい値段になってる。
気になるけど、そこまでは出さないぞ。(たぶん)
[PR]
by ilprincipe | 2013-03-31 22:20 | 読書

ネットの古本屋

樹生さんの『龍&Dr.』シリーズの続きが読みたくて、ブックオフで探すのも面倒なので、ネットの古本屋を利用した。
ブックオフの通販は、1500円以上買わないと送料が無料にならない。
ネットオフも1500円以上だけど、こっちは3冊で送料無料というサービスがある。
で、ネットオフで3冊買ったんだが、メール便での配送がヤマトではなく、佐川だった。
これ4日ぐらいかかるんだよね。
早く読みたいのに。
アマゾンのユーズドで買ったのは、2日で来たわ。
アマゾンは送料250円かかるから、よっぽどのことでないと使わない。
今回はギフト券使った。
残るは、2月に出た新刊のみ。
これはもう楽天のポイントで買うわw
[PR]
by ilprincipe | 2013-03-30 22:02 | 読書

アレルギー

なんか背中と太ももがかゆいと思ったら、湿疹がでてた。
思い当たるのは、ピーナツクリーム。
サンドイッチ用の食パンが半額になっていたので、それと2割引のピーナツホイップを買ったのだった。
ピーナツ食べすぎるとアレルギーが出ちゃう。
昔、ピーナツせんべいにハマった時もそうだった。
ピーナツ・チョコは嫌いだから食べないけど。
アレルギー体質ってヤぁね。
そんなにひどいのはないけど。
まあ、好き嫌いが多すぎてわかってないだけかもしれない。
金属アレルギーなので、ネックレスはつけられません。
[PR]
by ilprincipe | 2013-03-29 22:45

『ミヤネ屋』

昨日録画しておいた『ミヤネ屋』を見たら、なんと隼人くんが手を振っているではないか。
b0039840_3375026.jpg

これは、どういうこと?
と悩んだら、なんと3月12日の放送で生出演したそうだ。
ガーン
そんなの全然聞いてないよー。
いつも起きてたら、『ミヤネ屋』見てるんだけどな。
すごいショックだ。
そんなのyou tube に落ちてるわけもなく。
ああ、誰か録画してる人いないだろうか?
軽く落ち込む私であった。
[PR]
by ilprincipe | 2013-03-28 22:36 | テレビ

銀座でお練り

銀座で歌舞伎座開場記念のお練りがあるという。
見に行こうかと思ったけど、隼人くんいるかどうかわからんし、雨だ。
雨だと本当に行く気なくす。
濡れるのがイヤなんだよね。
アンパンマンか!
夕方のニュースで、ちらっと映ったけど、映るのは有名どころばかり。
仕方ないか。
ニュースサイトで写真を見つけた。
b0039840_2121715.jpg

「隼人くんを探せ!」
左の端にいますね。
髪形でわかるわ。
[PR]
by ilprincipe | 2013-03-27 22:04 | 舞台

b0039840_1121944.jpgしばらくブログの更新が滞ってたのは、3日でBLを20冊読むというバカをやったせいです。
それだけ読むものがあったというのもアレですがw
好きなイラストレーター奈良千春さんもので、まだ読んでない大物があったのです。
樹生かなめさんの『龍&Dr』シリーズ。
これ、苦手な講談社ホワイトハートなんだよね。
BLといっても、各社特徴があって、ハード系のラヴァーズ、大手のキャラとBBN、ホワイトハートは、もうティーンズ向けというかぬるいの。
で、この樹生さんというのが、クセのある人で、あとがきから先に読むと拒否反応起こす人もいるほど。
なんたって、「わたくし○○ざます」という口調なので。
それを乗り越えて、読んでみたら、おもしろかったんである。く、くやしい。
お話は、10歳年下のヤクザの組長・清和くんをひたすら愛する医者の氷川諒一の話。
氷川先生、日本人形のようなきれいな顔をしてるが、考えることはかなり過激。
清和くんを愛しすぎて、いけない方向にいってる。
残念なのは、攻の清和が無口すぎて、キャラがたってない。
その分、脇役がいろいろおもしろいけど。
まあ、BLというより少女マンガを小説にしたような感じです。
一気に16冊読んじまったわw
で、今すごくいいところで止まってます。
早く続きを!
これ、1巻完結じゃないのが難だわ。
[PR]
by ilprincipe | 2013-03-26 22:11 | 読書

くまモン

この前、近所のスーパーで九州フェアをやっていて、くまモンのイラストのついた物がいっぱいあった。
クッキーやからし蓮根など。
その中で、くまモン柄のカップ酒があって、カップだけ欲しかった。
だって、私お酒飲めないもん。
ペン立てにしたら、かわいいかなと。
それを同居人に言ったら、「飲むよ」と言ったので、翌日また行った。
そしたら、フェアが終わってた。
お菓子は、別の場所にあったけど、カップ酒だけない。
欲しい物は、その場で買っとけってことですね。
日本酒は料理に使うこともできたし。
あーあ。
[PR]
by ilprincipe | 2013-03-24 22:54 | 買い物

この前、サントリーホールであったジェットストリーム・コンサートの模様がラジオで放送された。
1時間(正味50分ほど)だから、かなりカットされてたけど。
一番ウケたラストの大ボケが丸ごとカットされてた。
まあ、あれは放送するわけにいかないよね。
で、これを録音するのが難儀だった。
うちには、録音機器がICレコーダーしかないんである。
3年ほど前にCDとラジオが再生できるのは買ったんだけど、録音機能なし。
おまけにこれFMがちゃんと入らない。
うち、電波状況悪いみたい。
いつもFMは、PCで聴いてる。
パソコンの音源を録音するにはどうすればいいか?
そういうソフトもあるんだけど、いまいちダウンロードの方法がわからなかった。
結局、ICレコーダーにコードをつないだ。
ステレオ録音できないけど。
それに、これつなぐと音が外にでないんである。
イヤホン状態だから。
始めと終わりを見計らってボタンを押すという。
それでなんとか録音できました。
機長さんのトークがわりと入ってた。
[PR]
by ilprincipe | 2013-03-23 23:31 | たかお

桜の季節

今年は桜があっという間に咲いてしまった。
こんなに早いのは、2002年以来だそうで。
それって、私がこっちに引っ越ししてきた時だ。
あの年も桜が早かったなぁ。
ちょうど今頃猫を連れてここに来たのだった。
新幹線の中でワーワー鳴いて、隣の席の若いサラリーマンに迷惑をかけてしまった。
私もへとへとになって、新居に着いた時には、先に来ていた相方に泣きついたほど。
実家を出て5時間、大変な旅だった。
お猫様も初めての長旅でパニックだっただろうけど。
当時3歳だった猫もすでに天国に旅立ってしまった。
この前、探し物をしてたら、引っ越してすぐに片づけの邪魔をしてる猫の写真が出てきて、また思い出して泣いちゃったよ。
腰も悪いので、もう猫は飼えないかな。
あんなかわいい子、二度と現れないと思うし。
b0039840_3215965.jpg

写真は、国立劇場の桜です。
[PR]
by ilprincipe | 2013-03-22 22:08

国立劇場で歌舞伎

初めて国立劇場に行った。
中村隼人くんを見るために。
演目は、『隅田川花御所染』、「女清玄」ともいう。
作者は、鶴屋南北。
ストーリーもほとんど知らずに初めて本格的な歌舞伎鑑賞。
隼人くんは、その他大勢かと思ったら、ヒロインの相手役だった。
主役は、中村福助さん。三田寛子の旦那の橋ノ助さんのお兄さん。
児太郎の時は、きれいな女形だったのに、年とってお父さんに似てきた。

ストーリーは、3年前に行方不明になった婚約者松若丸(隼人)を待ち続けた花子(福助)だったが、諦めきれず出家して清玄尼になる。
尼になったその日に妹桜姫の婚約者として現れたのが、別人になりすました松若丸だった。
会ったその夜にいきなり××シーンがあったりして…。
それ中身はおっさんやで~。
しかも同級生のお父さん。(こう書くとBLぽいなw)
松若丸恋しさで嫉妬に狂い、寺を抜け出し、流浪の日々。
最後は悪党に殺されるという。
よーわからん話だったけど、舞台装置がすごかったです。
川下りのシーンとか、舟が花道を通った。

驚いたのが、錦之助さんが背が低くて首がなかった。
もっとすらりとしたイメージだったので。
現児太郎くんは、そこまできれいじゃなかった。
そして、隼人くんは線の細い二枚目だった。
立ち姿はきれいだった。

そして、お楽しみのアフタートーク。
隼人くん、児太郎くんの横に座って、じっとしていない。
やたら児太郎くんに話しかけてた。
普段から仲良しらしいけど。
19歳、車の免許取り立てですって。
若いなぁ。
6月にも国立劇場に出るそうなので、また見に行くか。
[PR]
by ilprincipe | 2013-03-21 22:26 | 舞台