<   2008年 10月 ( 35 )   > この月の画像一覧

神保町 その2

神保町に行くのに、九段下で降りて、「斑鳩」のラーメンを食べた。
b0039840_1173252.jpgこの前食べた時にまちがって、普通のラーメン頼んじゃったから、今回はちゃんと煮玉子入りの「特製ラーメン」を注文した。
ゆでたまごが嫌いな私だが、ここの煮玉子はおいしい。
たまにテレビに出る店主が、微笑みながら麺をゆでてるのが、なんだかおかしかった。
そんなに楽しいのか?
ここの店員のあいさつがきびきびしてなくて、なんか気の抜けた発声なのもおかしい。
ツボに入って、吹き出しそうになった。
ラーメンはおいしいんだけど、もう年なのか、脂がしつこい。
同居人がコーヒーを飲みたい、と言うのでタリーズに入った。
期間限定のマロン・ラテというのにした。
上のクリームがマロン味でおいしい。
値段はなかなか高かったけど。
この季節しか飲めないからな。

神保町の古書店で、錦ちゃん(中村錦ノ助、獅堂ちゃんのおじさんね)の古い雑誌があったが、12000円もした。
昭和30年代のもの。
実はこの手のを何冊か持ってる。
私が買ったのは、20年ぐらい前だから、もっと安かった。
亡くなると高くなるなぁ。
だからといって、私のコレクションに値がつくわけでもないが。
他の店では、4000円ぐらいであった。
今となっては、もう買わないけどさ。
錦ちゃんよりケンイチになってしまった。
私の趣味って、どうなってんだろ?
ただ言えるのは、好きになったらしつこいってこと。
[PR]
by ilprincipe | 2008-10-31 21:15 | 食べ物

神保町

書くの忘れてたこと。
神田神保町に松ケンものを探しに行ったのだった。
ちょうど「古本まつり」をやっていて、なかなかの人ごみだった。
年齢層、かなり高めでじいさんばっかりだった。
私の目当ては、サブカル系と映画もの専門の店。
そういう店は少ないので、狙いをつけたところにだけ行く。
さすがに、そんな店だと貴重な雑誌は高い。
「足下見やがって…」って感じ。
ブックオフで300円で売ってるのが、2000円だよ。
それでも、一番欲しい雑誌は見つからず。
オークションに出ても、いい値段してるしな。
ケンイチ特集の『キネマ旬報』を定価以上の値段で買っちまったよ。
すごく負けた気分だ。
クラウザーさんがレモンをかじった『ザ・テレビジョン』もいい値で買っちゃった。
古いテレビ雑誌なんか、なんの役にも立たないんだが。
モデルをしてた『BOON』なんていう男の子向けファッション雑誌は、全然ない。
めっけものは、アルマーニを着るケンイチ。
b0039840_121421.jpg

写真サイトで見たことはあったけど、これアルマーニだったとは。
当時22才。
22でアルマーニなんて生意気。
まあ、あくまでモデルで着せられてるんだけど。
実生活で22でアルマーニを着る男はイヤだな。
[PR]
by ilprincipe | 2008-10-31 20:51 | 松ケン

さらば中国人

早く出て行ってくれないかな、と思っていた上の中国人が出て行った。
土曜に荷物を運びだしてた。
おお、やっと静かな日々が戻ってくる。
本当に足音うるさかったし、わけわからん中国語も聞こえてきた。
第一、得体がしれないというのが気持ち悪かった。
中国人でもちゃんと働いてる人ならよかったんだけど。
よーわからん男が3人ほど出入りしてたし、階段の下に生ゴミ置くし。
ゴミの分別はしてないし、とにかく最悪だった。
これで、ほっとできる。

と、思ったら、今度はずっと空室だった隣に人が来たよ。
なんか小さい子どもがいるみたい。
うるさくなければいいけど…。
世の中、うまいようにはいかないねぇ。
[PR]
by ilprincipe | 2008-10-30 20:37

10回目

近所では上映終了したので、渋谷に遠征。
ここも今週で終わり。
本当に祭りも終わりに近づいている。
淋しいけど、仕方ないか。
と、思ったら、11月に入っても1週間だけ渋谷でやるそうだ。
8月23日に封切られて、もう秋だというのに、まだ続くとはうれしい。
b0039840_2302850.jpg最後にPARCOのエレベーターの写真を撮った。
これも金曜の夜には、『ハンサムスーツ』に変わるんだろうな。
DMCを見に行くたびに『ハンサムスーツ』の予告篇が流れるので、もう見た気分だ。
ついでに『ホームレス中学生』も。
なんで麒麟の田村役が小池徹平なのか解せん。
22才で中学生の役やってるのはすごいわな。

PARCOもすっかり、秋モードだよ。
8月はクラウザーさんが渋谷を席巻してたのになぁ。
あの時、もっと写真を撮っておくべきだったと後悔。
後悔って、本当に先には立たないもんだね。
ああ、あと何回クラウザーさんに会えるかしら?
私の心にも秋風が吹き始めてます。
[PR]
by ilprincipe | 2008-10-29 20:19

親指さがし

レンタル屋でいつも貸出中だった『親指さがし』をやっと発見。
きっと主役の三宅健目当てなんだろうけど。
脇で主役の友人役でケンちゃん出てます。
珍しいホラーもの。
私もホラー苦手なんだけどね。
ストーリーは小学生の時、「親指さがし」という遊び(こっくりさんみたいなもんか)をやってたら、仲間の女の子がいなくなった。
20才になって、まだその子のことが忘れられず、みんなで探すという話。
途中で、一人また一人と死んでいくわけだ。
V6の三宅健が初主演だそうで、なんか力の入った演技だわ。
松ケンは、あいかわらず普通な感じ。
顔に吹き出物はあるわ、メガネかけてるわ。(イケてない)
最後の棒読みの「あ~っ!」が笑える。(いや、こわいシーンなんだが)
b0039840_029482.jpgこれがLと同じ人だとは。
共演した三宅くんとは、仲良くなって、一緒に飲みに行くほど。
『VVV6』に出た時、収録の日の朝まで飲んでたそうだ。
「だって、手放したくなかったから」って。
腐女子が喜びそうなこと言ってました。
同い年くらいに見えるけど、三宅くんの方が3つくらい年上なはず。
松ケン、精神年齢も老けてるから、ちょうどいいのか。23には見えないよな。
[PR]
by ilprincipe | 2008-10-28 20:19 | 松ケン

指名手配

角川文庫のミステリ・フェアが始まった。
しかし、これだよ。
b0039840_123388.jpg

松ケンがいろんな変装をしているのだが、これはないやろ。
いや、カメレオン俳優の本領発揮というべきか。
とても23才には見えん。
ちょっと寺島進さんにも見える。
事務所もよく、これを許したな。
ファンが減るぞ。
角川のサイトにいくと、いろんな松ケンが見られます。
端のアルファベットを並べると、キーワードになるそうだが、何人いるのかわからん。
正解者には、松ケン図書カード・プレゼントだけど、応募券が必要。
それも100人だけって。少なくないか。
ま、とりあえず、本屋に行って、確かめてくるか。
[PR]
by ilprincipe | 2008-10-27 20:21 | 松ケン

NANA つづき

そういえば、『NANA』もバンドの話なんだが、ライブ・シーンのシラけぷりはすごかった。
一応ロックなんじゃないのか?
松ケンは、うれしそうにベース弾いてたけど。
2週間でマスターしたそうだ。
DMCのギターは、3か月かかったけど、こっちは弾き語りできるまでのレベルだから。
よくよくDMCのライブ・シーンがよくできてると感心した。
あれは、音楽ビデオ撮ってる人が監督したそうだが。
それにライブハウスで箱が小さくて、その中にカメラ入ってるしな。
でも、メイキング映像のワン・カメラで撮ってるのですら、かっこいいんだもん。
ああ、ライブ・シーンだけ集めたDVD作ってくれないだろうか。

b0039840_2365913.jpg

おまけに『NANA』で、メロンソーダ飲んでるとこ貼っておこう。
アヒル口がかわいい。
しかし、こんなに髪を染めて、傷まないのか?
『ごくせん』では、茶髪だったし。
将来ハゲないか心配。って、毛は濃い方だな。天パーだし。
あ、このあと『大和』で、坊主にしたからリセットできたか。
[PR]
by ilprincipe | 2008-10-26 20:27 | 松ケン

NANA

ああ、『NANA』まで借りちゃったよ。
原作読んでないし、興味もなかったんだけど。
この前、ブックオフで同居人が手塚治虫の『ブッダ』を立ち読みしだして、(もちろん『聖☆おにいさん』の影響)、その間ヒマなので、ちらっと『NANA』を読んでみた。
噂には、かなりのDQNものと聞いてたが、本当にそうだった。
のっけから不倫しとる。
松ケンのやったシンという少年は、15才でスウェーデン人とのハーフで美少年という設定。
おい、全然違うやん。
原作のファンが怒ったというけど、そりゃ怒るわな。
でも、これは松ケンが悪いんじゃなくて、キャスティングした人のせいだろ。

映画の方は、連載中のマンガだから、ストーリーがはっきりしない。
ハチがウザイのと中島美嘉の化粧が怖かった。
松田龍平が、爬虫類みたいでキモいし。
あの雰囲気はお父さん譲りだな。
彼が産まれた頃を知ってるんだもん。(うう、年が…)
松ケンは30分以上たってからの登場。
銀髪で唇ピアスまでしとる。
実際に開けたのかはわからんけど、右耳にピアス穴2つあるのは確認できる。
クリームソーダを飲むシーンがかわいかった。
食べ物を前にすると、素の松山くんに戻るんだな。
b0039840_26328.jpg

[PR]
by ilprincipe | 2008-10-25 20:51 | 松ケン

『ごくせん』スペシャル

レンタルで『ごくせん』の卒業旅行スペシャルというのを借りてきた。
シーズンが終わったあと、2時間ドラマで放映されたもの。
正確なタイトルは、『さよなら3年D組… ヤンクミ涙の卒業式』だった。
2003年3月の放映。
松ケンも一応出てるんだけど、やっぱ端役だ。
それも黒髪になってて、どこにいるのかわかりにくい。
b0039840_052182.jpgこれだよ。
画像検索して、やっと見つけたもの。
勝手な解釈としては、毛利くん(役名)は就職が決まったので、黒髪にしたんだと思う。
職員室に張り出されてた生徒の進路の紙に、会社名があったもん。
でも、今回はセリフが2つもあった。すごいじゃん。
ま、話の中心は松ジュンと小栗旬だったけど。
上地雄輔もわりと映ってた。
温泉に入るシーン、松ケンが映ってなかったのが残念だ。
そんなとこしか見てないのか。
別のドラマで、小栗旬と一緒に風呂に入るシーンがあったそうですが、DVD未発売。
そんなに裸が見たいのか。
って、あんまり裸になってないんだよね。
背中は見せてるけど。
実は胸毛がちょっとある。
あ、根岸が社長に襲われてるシーンで胸がはだけてた。
あのシーン、胸毛なかったけど、剃ってたのかな?
根岸ぽくないもんな。
モデル写真で、へそ下の毛が写ってるのもあったわ。
なんで『ごくせん』から、毛の話になったんだか。
[PR]
by ilprincipe | 2008-10-24 20:47 | 松ケン

最近、同居人が『ウサビッチ』というアニメにハマっている。
『ウサビッチ』とは、こんなやつ
なんか、よーわからんアニメである。
MTVでやってるらしい。
ニコニコ動画でも見れるそうだ。

で、同居人がPCの壁紙をウサビッチにしたいと言いだした。
今は私の趣味で、松ウザーさん(松ケンのクラウザーさん)になってるのに。
なんてことをしようとしてるんだ。
このPC買うのに、私が半分以上お金出したのに。
「ウサビッチなんぞクラウザーさんにレ〇プされてしまえ!」
月のうさぎもレ〇プ済みなんだぞ。
キレネンコはかなり手ごわそうだけど。
元マフィアのボスで、キレるとこわい。極悪非道なうさぎ。
双子だったのを爆破されて、ひとつにつなぎ合わされた。
という、おそろしい設定。
そんなもん、魔王の手にかかれば、屁のかっぱじゃわい。
(こんなこと書いて、誰がわかるというんだろう?)
[PR]
by ilprincipe | 2008-10-23 20:39