銀行の印象

相続問題、実印のあとは、母の戸籍謄本を取りに行かなきゃいけない。
本籍は大阪市なので、その区役所に行く。
この区役所が駅から、ちょっと遠くて、行くのが面倒くさい。
戸籍謄本と印鑑登録証、相続の届け出用紙を揃えて、銀行に持って行ったら、戸籍謄本が足りないという。
故人の出生から死亡までの連続した戸籍が必要だと。
うう、ややこしい。
ということで、また区役所に行くはめになった。
まあ、同じ区役所で済むから、まだマシなんだけど。
これが遠い所だったら、いちいち郵送で取らなきゃいけない。
お金の問題って、なかなか面倒だ。
一番いいのは、死ぬ前におろすことなんだけどね。
祖母の時は、死んでからだけど、私がおろしに行った。
私が代わりに郵便局におろしに行くことがあったから、局員さんも知ってたので、できたことだけど。
今じゃ、かなりうるさくなって、銀行は無理だろうな。
カードでも1回に50万円しかおろせないし。

銀行といえば、相続に関する問い合わせをしたら、R銀行はものすごくきちんとしてて、返信用の大きな封筒同封で、送料も銀行もち。
T銀行は、直接支店に持ってこいだって。
最悪なのは、S信託銀行。
定型封筒に大きな封筒を折りたたんで入れてあった。
これだけでも印象悪いのに、おまけに送料こっち負担で、配達証明を使えだって。
何様って感じだ。
そして、この銀行の印象が最悪になる事態も起こった。
続きはまた。
[PR]
by ilprincipe | 2007-09-29 20:46

かわいい実印

なんとか四十九日も終えて、次の問題は相続のこと。
相続といっても、そんな大金ではなく、母の名義の銀行口座がいくつかあるので、それを残った家族で分けなきゃいけない。
その手続きがわりとややこしい。

まず、実印を作らなきゃいけない。
実印なんか今まで用がなかったので、印鑑屋に行った。
こればっかりは、百均のじゃダメだろう。
印鑑屋の話によると、15ミリ以上のサイズが望ましいとのこと。
どれもそこそこいい値段する。
プラスチックみたいなかわいい色の印鑑があったので、これにするかと思ったらカラー水牛という素材だった。
同居人が黒水牛のいい印鑑を持っているので、じゃ私はこれにしようと簡単に決めてしまった。
ピンクとワインレッドの中間みたいな色。
フルネーム彫ってもらうことにした。
なかなかの出費になってしまった。
それにこの印鑑屋、カード使えなかった。
あとで楽天で印鑑を調べたら、ネットでも買えたんだ。
ますます後悔。
そして、この印鑑屋は、印鑑ケースは別売りだった。
普通、そこそこの印鑑買ったら、ケースぐらいおまけにつけてくれないか?
なんだかすごく失敗した。
まあ、ネットではかわいい色のカラー水牛のがなかったのが救いだけど・・・。

そして、ネットで見つけた漆塗りの印鑑ケースが欲しくなってしまった。
いや、買いませんって。
印鑑だけで、かなりお金使っちゃったんだから。
同居人が持っていた小銭入れのようなケースにぴったり収まったので、これを使うことにします。
一応、リザード(とかげ)皮だし。
実家に帰ったら、実家の実印は普通の小さなハンコだった。
私のだけ、ものすごくご立派になってしまった。ははっ。
[PR]
by ilprincipe | 2007-09-27 21:22

すったもんだの四十九日

心配した母の四十九日法要もなんとか済みました。
3日前に準備を始めるという、やっつけ仕事だったけど。
なにせ来る人数も確認してない、仕出し弁当の手配もしてないという状態だったので。
来ると思わなかった親戚が来ることになって、家ではできないことが判明。
あわててマンションの集会所を借りることに。
それで、一から祭壇を作らなきゃいけないことになった。
そりゃあ葬儀屋に頼めばきちんとしてくれるだろうけど、いくらかかるか。
もう形だけでいいから、姉と二人でなんとかすることにした。
白い布をいっぱい買って、会議机の上にかけて祭壇にした。
うちのお坊さんが、うるさい人でなくてよかった。
仕出しは近所のホカ弁に頼んだ。
なにせ、時間がなくて困った。

一番困ったのは花瓶。
大きめの花で祭壇をごまかそうと思ったのだが、うちには適当な大きさの花瓶がない。
前に飼っていた猫が、ことごとく花瓶を割ったので、一輪挿ししかない。
祖母が亡くなった時も困って、親戚のおじさんが貸してくれたほど。
あれから、花瓶を使うこともなかったので、買ってなかった。
しかし、いざ花瓶を探すとなると、どこに売っているかわからない。
安いのでいいから、100円以外の物も売っている大きな百均に行ったが、シンプルなのがなかった。
イトーヨーカドーにも、一輪挿ししかない。
花屋にあるかと思ったが、花屋には花しかなかった。
前日の夕方になって、こんなことで困るとは・・・。
苦肉の策で、ガラスのコップを買って、それに白い紙を巻くことにした。
でも、それだと花の方が重くて、コップが倒れるかもしれない。
コップの中に入れる重りはないものか?
スーパーの中で悩んだ。
昔、はやったガラス玉なんかいいけど、今さら売ってないし。
小石を拾おうとしても、土もない所だ。
姉が小銭を入れたらどうか、と考えた。
母が残した小銭がいっぱいあったので。
家に帰って、試してみたら、10円玉50枚でなんとかなった。
それが二つ。
母が小銭を残してくれて本当に助かった。
そして、そんな花瓶に気づいた人は誰もいなかった。
なんとか形だけでも格好がついてよかった。
[PR]
by ilprincipe | 2007-09-25 21:14

あれから

母の四十九日法要のため大阪に帰る。
新型のぞみに乗ろうと思ったのに、また満席。
同じ料金なら新しいのに乗ってみたいぞ。
今度こそ700系に乗ろうと決意するのだった。

のぞみの中では、お約束のまい泉のロースカツ弁当を食べる。
ここのは冷えててもおいしい。
今回は、デザートにシュークリームまで用意。
乗り換え駅の構内にコージー・コーナー(不二家みたいなもんか)があったので、ふと買ってみた。
「千の風になって」の秋川雅文さんの大好物だそうだ。(どうでもいいか)
「千の風・・・」といえば、亡くなった人のことが忘れられないという歌だけど、私はそこまで感傷的になってない。
実家に帰ったら、ちょっと淋しいけどさ。
夢に母が出てくることもないし。

しかし、四十九日の準備を何もやってないことにキレそうになる。
葬式の日にちは前もって決めることはできないけど、四十九日はもう決まってることなのに。
何もやる気のない喪主って・・・。
もっと死んだ妻のことを大事にしろよ。
あれから仏壇に1本もお線香あげてないくせに。
まったく故人が浮かばれないよ。
[PR]
by ilprincipe | 2007-09-21 20:42

肉欲

昨日食べた天丼がいまいち感激しなかったので、今日は焼肉を食べに行くことにした。
本当は、同居人の誕生日に行く予定だったのだが、私が実家に帰っていたので行けなかった。
というわけで、中目黒の「びーふ亭」へ。
ここは予約なしで、並べば食べられる。
開店30分前に着いたら、3番目だった。
近くの商店街をうろついて、6時に行くと前の人が来てなくて、一番目に入れてくれた。
他に客もいなくて、貸切状態。
とりあえずビールじゃなく、中落ちカルビ。
ここは中落ちカルビが最高。
同居人は、タン塩も頼んでいた。
私は、上ロースと特上バラも。
それとごはん。
野菜も食べずに肉ばかり食う二人。
いやー、うまい。
やっぱ、肉だわ。
30分間たらふく食べる。
これで6000円ちょっと。
うーん、満足。

といいつつ、帰りにセガフレードでコーヒーを飲んだ。
秋のマロン・フェアというのが気になったけど、さすがに固形物はもう入らない。
また今度といいつつ、去年も食べなかった気が。
あまり近所にないからなぁ。
ま、それよりおいしいモンブランはいっぱいあるか。
[PR]
by ilprincipe | 2007-09-19 20:42 | 食べ物

怨みのドーナツ

だいぶ前から天丼が食べたくて、同居人と新宿まで遠征した。
京王百貨店でイタリア展をやっているので、見に行ってみた。
うーん、ショボい。
イートインでおいしそうなのはあったけど、これから天丼食べに行くのでパス。
伊勢丹に向かう。
8階の食堂街にある「天一」へ。
1時すぎなので、まだ行列してた。
カウンターならすぐ座れたけど、テーブルの方がいいので待った。
といっても10分ほど。
カウンター席というのは、目の前で天ぷらを揚げてくれるところだった。
天丼目当ての私らには関係ない。
海老天丼は、揚げたてでサクサク。
でも、ちょっとたれが薄味。
関東の店なのに上品すぎる。
値段は十分東京価格だけど。

地下でフェルベールのジャムを買おうかと思ったが、開けてないのが2つあるのでやめた。
別のところの限定品のあんずジャムが気になったけど、3150円もした。
ちょっと買う勇気はない。

向かいのコメ兵(大型質屋)で、財布を見る。
今、使ってるフェラガモの財布がだいぶくたびれてきたので、買い換えようと思って。
しかし、今さらフェラガモ持ってる人も見かけないなぁ。
グッチのブロンズ色のが気になったが、なんかハゲそうなのでやめた。
思ったより、種類がなかった。
エルメスのバッグが気になってるのは内緒。
歩いて、タカシマヤに寄る。
いいかげん疲れてたけど、最後にクリスピー・クリーム・ドーナツに行こうと思い、場所がわからずJRの駅方向に行ってしまった。
タカシマヤの向かいだったとは・・・。
なんとかたどついたけど、ものすごい行列。
2時間近くかかりそうなのでやめた。
くそー、今度は開店前に行ってやる。
あの大きな箱を持って歩いてる人が恨めしい。
って、また太るものを・・・。
[PR]
by ilprincipe | 2007-09-18 20:22 | 食べ物

着せ替え遊び

近くの洋服屋が全品2割引だというので見に行った。
この前、長袖のブラウス買ったとこだよ。悔しい。
ジーンズの替えが欲しかったので、試着したら、入らなかった。
うぐぐ・・・。
確かに太ったけど、これはちょっとショック。
伸びる素材なら、まだいいけど、安いのはだめだなぁ。
で、下は諦めて、上着を探す。
七分袖のチュニックに挑戦。
ワイン・レッドの丈の短いのを着てみたら、胸に斜めに切り替えがあって、それが私のバストの位置と合わないんである。
あきらかに下だ。
がんばって上にあげてもダメ。
私がおばんだからか、それとも元々ついてる位置が下目なのか。
たぶん後者の方だと思う。
これも諦めて、薄いグリーンの丈の長いチュニックを着た。
こっちの方がマシだ。
この年でチュニックでもないかと思ったけど、たまには流行のもいいかと買う気になった。
レジに並んだら、前のおじさんが手間どってしまった。
待ってるうちに、手にしたチュニックの肩の部分の生地がかなりこすれて、毛羽だっているのを発見。
半額なら買ってもいいけど、わざわざ傷んでるのを買うのもイヤなので、元に戻した。
結局、何も買わず。
着せ替え遊びだけに終わった。

駅まで行って、山形フェアで売りに来ていた「牛肉ど真ん中」を買った。
太ったと言ってたのは、どこのどいつだ。
あたしだよ。(にしおかすみこ風で)
[PR]
by ilprincipe | 2007-09-17 19:58

サマースラム

祝・HHH復帰!
ハンターさんが、1月のロイヤル・ランブルでの大怪我以来、8ヶ月ぶりにリングに戻ってきました。
いやー、長かった。
どんなに復帰を待っていたことか。
リハビリの間、筋トレに励んだようで、体が絞れていて、お腹の浮き輪もなくすっきりしていた。
全盛期のすごい体には及ばないけれど、ここ数年では一番スリムだった。
しかし、復帰戦の相手がブッカーさまとは、ちょっとショボくないか?
まあ、帰ってきて、いきなりストーリーに絡むわけにはいかないし、シナはオートンとやるのが決まったからなぁ。
HBKはお休みだし。
DXはどうするんだろう?
中途半端に終わらせるのは、やめてほしいけど。

サマースラムについては、バティスタとカリの王座戦に不満が残る。
なんでカリがわざわざ反則しなきゃならんのだ?
普通に勝てるのに。
それなら、マーク・ヘンリーと戦わせる方がよっぽどおもしろいんじゃないの?
とてつもなくつまらない試合になる可能性もあるけどさ。
そのかわり、シナとオートンの試合はよかった。
シナ、怪我もせず、よくがんばってるわ。
結局、今のWWEを背負って立ってるのはシナだもんなぁ。
来年のWMのメイン戦もシナ対オートンかな?
ハンターさんに一度はWMでタイトル取ってもらいたいもんだ。

そして、個人的にはやっぱりCMパンクの顔が好きだったりする。
ストライクど真ん中かも・・・。
モリソンこと元ナイトロも好みじゃないけど、イケメンだし。
この二人のECW王座戦の方がよっぽど顔面レベルは高いなぁ。
[PR]
by ilprincipe | 2007-09-16 19:35

未知との遭遇

午後、和室で座ってネットをしていたら、隣の部屋からガタガタっという音がした。
ベランダの網戸の音みたい。
うちの猫が何かしたのかと見に行くと、ベランダの向こうの駐車場に黒い猫がいた。
赤い首輪をしているので、どこかの飼い猫だろう。
でも、今まで見たことはない。
部屋の中にいるうちの猫と3mぐらいの距離でにらみ合いをしている。
黒猫は逃げそうにない。
うちのは、ずっと室内飼いなので、他の猫と接したことがない。
自分と同じ種族だとわかっているのだろうか?
生まれて2ヶ月で兄弟と離れて以来、ずっと人間の中で暮らしてきたからなぁ。

そのうち黒猫もいなくなるだろうと、部屋に戻ってネットの続きをしていたら、また網戸がガタっといった。
あわてて見に行くと、今度は黒猫がベランダにいた。
なんとあつかましい。
うちの王子様にちょっかいを出されては大変とガラス戸にした。
相手は外飼いの猫だから、何かウイルス持ってるかもしれないし。
うちのはけんかもしたことないんだから。
王子様といえば、尻尾を膨らませて、ベッドの下に逃げ込んでしまった。
怖かったんだろうなぁ。
しかし、あの黒猫、うちのをメスだと思ったのかな?
[PR]
by ilprincipe | 2007-09-14 19:21 |

クロテッド・クリーム

同居人が、紀ノ国屋で値下げ品になっていたクロテッド・クリームを買ってきた。
前からクロテッド・クリームという物が気になってたんだけど、どんな物かわからないし、買う機会もなかった。
それが安くなってたので、ポンと買ったらしい。
安いといっても700円以上してるけど・・・。
クロテッド・クリームといえば、スコーンだろうということで、スコーンを作ることにした。
といっても、今まで食べたことないんだが。
ネットで作り方を調べて、手抜きをするため、フードプロセッサーを使った。
タルト生地の作り方に似てたから。
生地を冷蔵庫で冷やしてから、クッキーみたいに伸ばして、型抜きをするのだが、直径5cmのクッキー型を持っていない。
コップで代用したけど、うまくできなかった。
残りは、もう手で丸めて焼いた。
そうしたら、なんか固いシュークリームみたいになってしまった。
まあ、味には関係ないだろう。

というわけで、焼きたてのスコーンにクロテッド・クリームを塗って食べた。
バターと生クリームの中間という味だ。
生クリームを放置して、固まった上の部分そのもの。
あれ、すごく好きなんだよね。
恐ろしいカロリーと脂肪分だと思うが。
でも、クリームだけだと味気ないので、ジャムも塗った。
おお、これはおいしい。
私の大好きな脂肪と糖分と炭水化物のコンボ。
これで痩せるわけはないなぁ・・・。
スコーンも素のまま食べてみたけど、これはこれでおいしかった。
本物のスコーンがこんな味かは、わからないけどさ。
[PR]
by ilprincipe | 2007-09-12 19:15 | 食べ物