<   2006年 12月 ( 39 )   > この月の画像一覧

年末つれづれ

私が買い物に行ってる間、同居人は台所の掃除をしていた。
油でギトギトになった換気扇と悪戦苦闘。
ちょうど同居人の実家から荷物が届いて、その中にみかんがあった。
実は昨日、田村みかん5キロがきたばかり。
同居人宅のみかんは裏の畑でとれたものだけど、はっきり言って酸っぱい。
というわけで、おかあさんには悪いけど、傷たんだものを掃除に使わせていただいた。
柑橘類が油汚れを落とすのにいいと聞いたので。
同居人は、「レモンがあればそれでする」と言ってたんだけど、レモンの買い置きがないので、みかんでもいいだろうってことで。

夕方、私が家に帰ると、台所はみかんの匂いで充満していた。
一体、いくつ掃除に使ったのやら…。
でも、台所はぴかぴかになった。
換気扇は油汚れがひどすぎて、そこまできれいにならなかったけど。
ついでに風呂そうじまでやってくれた。
同居人がきれい好きでよかった。
おかげで、すっきりと新年を迎えられます。
でも、いくらきれいにしても他人の家なんだよね。
それに、いつまでここにいるのやら…。
ちょっと引越ししようかな、なんて考えもあったりして。
しかし、元手にしようとしてた宝くじが見事はずれた。
30枚買って、3900円にしかならず。
これじゃ、引越しできないよ。
[PR]
by ilprincipe | 2006-12-31 21:36

最後の追い込み

大晦日、最後の追い込み(萬田語ね)のため、朝から東奔西走。
遠くのスーパーでハーゲンダッツとキットカットの特売があったので、電チャリで走る。
丘二つ超えるので大変。
4級山岳コースかって。

午後から、JR方面のスーパーへ。
元日休みのスーパーで何か処分価格になってないかと見に行ったが、乳製品ぐらいしか安くなってなかった。
この前、栗入りの伊達巻を買ったスーパーで、同じのが2割引になってたのはショックだった。
この私としたことが…。

夕方、駅前の高級スーパーをのぞく。
パンは安くなってたけど、目当ての正月食品は売り切れ。
値下げ処分どころじゃなかった。
駅地下のスーパーで、栗きんとんを半額でゲット。やったぜ。
しかし、かまぼこ類はすでに売り切れ。
まだ5時だというのに、安くするの早すぎじゃないの?
よく行くこましなスーパーには、よさそうな正月食品が並んでいたが、全く値引きなし。
この店、1日2日と休むのに、やる気あんのかゴルラァ状態。
売れ残っても仕方ないと思うけど。
成城石井ですら、エビ天1割引になってたよ。
元値が高いから買わなかったけど。

結局、一番近くのスーパーで、値下げになるまで待機作戦。
去年、気になっていた大きいエビ天は1割引。
同居人の好物の黒豆は3割引。
去年は、もっと景気よく値下げしてたのに。
一番のお目当てだった伊達巻は安くならなかったので買えず。
どいつもこいつも銭に渋いっちゅうわけや。
[PR]
by ilprincipe | 2006-12-31 20:50 | 食べ物

お猫様の技

書くのを忘れていたネタ。
ずっとお猫様に薬を飲ませていたのだが、さすがに慣れると一発で喉の奥に入れることができるようになった。
でも、同居人と二人がかりで、私が抑えつける役。
バスタオルで猫をくるまないと蹴るわ、爪をたてるわで大変なんだ。
やっとラクに薬を飲んでくれるようになったと喜んでいたら、今度は一段とすごいアビリティを身につけていた。
薬を飲んで、しばらくしたら、吐くんである。
あのー、その薬一粒100円なんですけど…。
ま、肉芽は治ったからいいけどさ。
やっぱり、今度は絶対注射にしてもらおうと心に誓ったのだった。
[PR]
by ilprincipe | 2006-12-30 20:43 |

おうちグルメ

成城石井に行ったら、パンチェッタがちょっと安かったので買ってしまった。
同居人が家に帰った途端「今度、クリームソースのパスタ作って」と言いだした。
「でも、本当はカルボナーラが食べたいけど、パンチェッタ高いからいいよ」だって。
そこで、私は冷蔵庫を開けて、パンチェッタを見せてやった。
なんか、こういうことよくあるんだよね。

というわけで、久々のカルボナーラ。
生クリームもクリスマス後の処分品買ったのあるし、たまごも処分品。
豪勢にほとんど黄身だけにする。
パルメジャーノもたっぷり使って、ひきたての黒こしょう。
できあがりは、そこらのイタめし屋よりは絶対うまい。
本物のパンチェッタ使ってるし、スープスパみたいにクリームでごまかしてない。
でも、これ店に出すと2000円ぐらい取られそう。

翌日、今度は同居人が「チーズチキンカツが食べたい」と言いだした。
できあいのがないかと探したがどこにもない。
業務スーパーに冷凍のがないか、見に行ったがささみカツしかなかった。
仕方ないので自作。
胸肉を買って、薄く開く。
それに家にあった半額で買ったエメンタール・チーズとパルメジャーノを巻いた。
パン粉をつけて、バターとオリーブ油で焼き揚げにした。
一番大きいのは、2センチ近い厚さになったので、よく火を通す。
中のチーズが溶けて出てきた。
これなら火が通っただろう。
ただのカツなら簡単なのに、チーズを巻くだけで、こんなに手間がかかるとは。
でも、食べてみたら、すごくおいしかった。
チーズがすごい。
やっぱ、いいチーズを使った方がおいしいってことか。
でも、あと1年は作りたくないや。
[PR]
by ilprincipe | 2006-12-29 20:40 | 食べ物

検索ワード

実は、このブログには簡単なアクセス解析がついていて、どのワードで検索してここにきたのかがわかる。
それで、最近一番多いのが「エマニエルX」。
みんな、好きねぇ。
って、こんなのブログに書いてるのは私ぐらいだったのか。
どうでもいいけど、あの主役のおねえさんは、昔ジョージ・クルーニーと付き合ってたそうだ。
しかし、「エマニエル×(ばつ)」で、検索してる人がいるのにも驚いた。
「エマニエル×」ってなぁ。
どんなストーリーなんだろう?

2番目に検索が多かったのが「榊漠山」って…。
みんな「夏休みのとも」世代なんだろうか?
榊漠山先生といえば、越前屋俵太が越山先生というパロディやってたのを思い出す。
俵太、かなり好きだったんだけど、いきなり引退したんだっけ?
関東に引越しちゃったからわかんないよー。

まあ、偶然ここにたどり着いた方も、楽しんでいただければうれしいです。
よければ、コメントなども書いていただければ、もっとうれしいです。
[PR]
by ilprincipe | 2006-12-28 20:24

栗もの アイス編

冷凍庫の3段目の引き出しを開けると、アイスクリームがごろごろ。
うちの冷凍庫は、3段の引き出し式です。
3月に発作的に買った冷蔵庫だけど、なかなか役立ってます。
ただ、停電になったら、どうしようとは思うけど。
冷凍庫が広いおかげで、冷凍食品4割引の時についいっぱい買ってしまう。
1段目と2段目は同居人のお弁当用の冷食だらけで、3段目が私の秘密の箱。
って、アイスクリームがいっぱい。
b0039840_027445.jpg
それも最近は、栗ものだらけ。
栗アイスを見かけるとつい買ってしまう。
この写真の手前の二つ「和ごころ」の栗や「AYA」の渋皮栗モンブランは、普通にスーパーで売ってるはず。
写真奥の「和のしずく」っていうのも入手しやすいかな。
しかし、中央にある二つ。
特に左側の丸永製菓の栗アイスは九州限定発売だから、なかなか入手困難なはず。
私もネットで知って、気になってた。
一度、食べてみたい、と思ってたら、ちょっと遠くのスーパーで売ってた。
ここ横浜なのに。
前も丸永の九州限定アイスの「長崎カステラアイス」も買ったし。
どういう流通経路なんだろ?
真ん中、右のはDEAN & DELUCA のマロングラッセアイス。
コンビニで買ったもの。
でも、渋谷のDEAN & DELUCA にはアイスないのに。
ま、名前だけ貸したんだろうけど。
しかし、こんだけアイス買って、まだ食べてない。
他にAYAの限定発売のあんずもある。
これは春の発売だったっけ?
ハーゲンダッツのパンナコッタ&ラズベリーも置いてあるし。
そして、冷凍庫の奥底には「ブラックモンブラン」が。
これも九州の人しか知らないだろうな。
いいかげん食べないと、品質が変化してそうだ。
いくらアイスクリームには賞味期限がないとはいえ、ずっと置いておくのはよくないな。
って、何度もいうけど、私ダイエット中だった。
[PR]
by ilprincipe | 2006-12-27 20:20 | 食べ物

ソルレバンテのケーキ

同居人がお客さんにケーキをもらってきた。
南青山にあるソルレバンテのプチフール。
小さなケーキが8つ入ってた。
しかし、同居人がどういう持ち帰り方をしたのか、2つほどひっくり返っていた。
早く食べた方がいいので、食後のデザートにした。
タルトぽいのは、レモンのタルトだった。
レモンが酸っぱい。
ひっくり返ってたのは、チョコレートケーキ。
これは、苦いけどおいしかった。
ラズベリーのムースは、私が食べた。
しかし、どれも酒がきつい。
唯一、酒が入ってないのは、シュークリームだった。
ナッツのケーキは、飾りのナッツを少し食べて、あとは同居人にあげた。
すると、同居人が「うぎゃあ」と言った。
真ん中に何かわからないものが入ってたらしい。
やたら酒がきつくて、泣きながら飲み込んだって。
一体、何だったんだろう?
結局、私の食べられるものが少なくて、同居人がほとんど食べた。
いくら小さいとはいえ、なかなかのカロリーだったのでは?
一番おいしかったのは、チョコレート・ケーキでした。
一度、ここのバールに行ってみたいけど、こんなに酒がきついんならやめた方がいいかもしれない。
[PR]
by ilprincipe | 2006-12-26 20:05 | 食べ物

クリスマスの謎

ふと思ったのだが、ってよく言われてることだけど、クリスマスってなんでケーキ食べるんだろう?
みんながみんなクリスチャンじゃないのに。
クリスチャンなら、キリストが生まれたことをお祝いする意味があるけど。
私もべつにクリスチャンじゃないけど、便乗してケーキ食べてるわけで。
それを同居人に言ったら、「マリアが勝手に産んだ子だしなぁ」って。
マリアの旦那のヨゼフもたまったもんじゃないよな。
まだ××してないのに、一体誰の子なんだ?
とんだス○タ(○の中は「ブ」じゃないよ)だな。
あのー、そこまで言うことはないんじゃないか。
全キリスト教徒を敵にするよ。
そういうことを考える同居人って…。
[PR]
by ilprincipe | 2006-12-25 21:39

クリスマスのクッキー

クリスマスというので、パネトーネを焼こうかと思ったが、この前パンを焼いたばかりなので、クッキーにした。
実家にクリスマス・プレゼントを送る予定があったから、ついでにクッキーも入れよう。
というわけで、前に東急百貨店で買った猫の型を使うことに。
メープル・シュガーを使ったメープル味のとノーマルなやつ(アーモンド風味)、2種類の生地を作った。
で、冷蔵庫で一晩寝かして、型抜きしたが、ノーマルな生地が柔らかすぎて、型抜きできず。
何を失敗したのやら…。
メープルの方はきれいにできたのに。
仕方がないから、プレーンの方は手で丸めた。
ムーンライト・クッキーの小型みたいなのにした。
b0039840_2130373.jpg
できあがった猫型のがこれ。
大きいのは、百均で買った型。
小さい方が350円の型。
やっぱり値段が高い方が細工がていねいだ。
でも、やっぱり普通の猫のシルエットだなぁ。
シャム猫のがあればいいのに。
誰か作ってくれないだろうか?
シャムって体型が独特だから。(うちのはちょっと腹が出てるけど…)

本当はクリスマス用にツリーや星のが欲しかったんだけど。
駅前のソニープラザでクリスマス用のクッキーの型、10個セットで1000円だったのに買いそびれてしまった。
買おうと思いつつ、12月に入ってからでいいやと思ってたら、早くに売れてしまったらしい。
まあ、滅多にクッキー作らないけどさ。
こういうのは早めに行動した方がいいってことだな。
[PR]
by ilprincipe | 2006-12-25 19:12 | 食べ物

萬田ことば

昨日、ニコタマの高島屋に行った時、同居人と二人
「えらい人でおまんな」
「どいつもこいつもお高くとまってやがる」
と、大阪弁ならぬ、『難波金融伝』の萬田銀次郎はんの口調で会話してしまった。
実は、うちでこの萬田語が大はやり。
正確な大阪弁じゃないので、「萬田語」とわしが名付けた。
(あ、主語が「わし」になってしもたやないけ)
大阪弁ならネイティブな私だけど、萬田語はちょっと違うので、実際使おうとすると難しい。
べつに竹内力のファンでもなく、『難波金融伝』が大好きちうわけじゃないけど、某掲示板にあった「難波金融伝風に語る」というスレを読んだら、すごくおもしろくてハマってしまった。
どうしたら萬田語がうまくなるか、スカパーのチャンネルNECOで、このシリーズを放映してるので、勉強中。
竹内力って大阪の出身じゃないから、ちょっと喋りが変。
それをうまくまねるのがコツかも。
かえって大阪人には難しいけど。
しかし、萬田語をスラスラ話せるようになって、どこで使うというんだ?
まだローマ弁の方がマシじゃないだろうか?
[PR]
by ilprincipe | 2006-12-24 19:40