<   2005年 05月 ( 46 )   > この月の画像一覧

Let's go サイクリング

昨日の雨も上がったので、午後から同居人と初めての遠乗り。
といっても片道7キロぐらいだけど。
隣の区にある自転車ショップをめざす。
ちょっと遠回りになるけど、平坦な道を選んで走った。
大きな道路なのに車が少なくて走り安い。
でも、街なかに入ると一気に交通量が増えた。
ゆるやかな坂道になった途端、自転車が進まない。
ギアを変えてみるが全然ダメ。
仕方なく降りて歩く。
ああ、情けない。
これぐらいの坂が登れないとは。ママチャリ以下だ。
自分の体重のせいかな?
30分で目的のお店に到着。
わりと大きな店で、自転車はそこそこあったけど、やはりママチャリ中心。
あとは街乗り用のクロスバイクやMTB。
ドロップハンドルの本格的ロードは数えるほどしかなかった。
同居人の「お白州1号」の弟、本物の白のシラスがあった。
ルイガノも少しあったけど、ロゼたんの車種はなし。
MTBでローズ色のがあった。
生き別れの従兄弟と勝手に決めた。
ドリンクホルダーを買おうと思ったのに、2種類しかない。
ボトルも売ってないし。
「こりゃダメだ」と店を出た時に「あっ」と大事なことを忘れてたことに気づいた。
自転車の防犯登録をするんだった。
通販で買ったので、やってもらってなかった。
警察でするのかと問い合わせたら、「お店でしてください」と言われた。
「お店によっては、自分のところで買ったものでないとだめなところもありますが…」だって。
今日行った店は大きなチェーン店だったので、あっさりとやってくれた。
おまけに空気も入れてくれた。
感じはよかったけど、品揃えがなぁ。
帰り、途中でマクドナルドで補給食をしてしまう。
今まで消費したカロリー以上を摂ったような。
これでいいのか、自転車ダイエット。

うちに帰ってサイクル・コンピューターを見たら、今日の走行距離は15キロだった。
地図を見直すと、途中で道を間違っていた。
ま、いいか。無事着いたんだから。
で、その先に有名なラーメン店があることを発見。
次の目標はここかな。
[PR]
by ilprincipe | 2005-05-31 22:42

万年大関

元大関貴ノ花が亡くなった。
二子山親方というと先代を思い出すし、どっちかというと藤島親方って方がなじみがあるかも。
といっても現役時代を知る世代ではあるが。
小さい頃、かなり相撲を見ていた記憶がある。
さすがに大鵬の時代は知らないけど、北の富士は知ってる。
なんといっても北の湖が圧倒的に強くて、憎たらしいぐらいだった。
対戦力士を突き飛ばしても、絶対手を差し伸べない。
そういうふてぶてしい態度が大嫌いだった。
でも、あとで「相手のためにならないから」とわざとやっていたと知って、「わりといい人かも」と引退してから見直した。
一番好きだったのは蔵間。男前だったんだけど、万年大関候補で終わってしまった。
引退したあとタレントになって、あっという間に病気で亡くなったのが残念。
千代の富士が横綱になった時は、すっかり興味をなくしていた。
その後の若・貴ブーム。
「お兄ちゃん」というのが、なんかわざとらしくてイヤだった。
ベッティーニじゃないけど、ものすごく腹黒そうなんだもん。
いつも笑ってるような顔の人は裏で何考えてるかわからない気がする。
そういう点では、私はたれ目の人も苦手。
もう一つ苦手な顔が、貴の嫁。
美人だけど、友だちにはなりたくないなぁ。
でも、あんな聡明な奥さんが自分の旦那に「こうした方がいいんじゃないの?」と指導しないんだろうか?
そういうのも聞かないほど、遠くにいっちゃってるのかな?
ま、他人の家のことだけど。(そこがおもしろいというのもある)
しかし、あの髪型はいかがなものか。
[PR]
by ilprincipe | 2005-05-31 18:07 | テレビ

ゲロ水発見

去年の冬頃から探していた「ゲロ水」をようやく発見。
成城石井やちょっとこじゃれたスーパーで探してもなかったのに、近所のドラッグストアにあるとは驚いた。
b0039840_19281470.jpg
「ゲロ水」とは、ドイツのゲロルシュタイナーというミネラルウォーターのこと。
自転車チームのスポンサーもしてるので、ファンの間では略して「ゲロ水」と呼ばれてます。
1リットル280円ぐらいだったかな、瓶入りなので重い。
ドイツは環境問題からペットボトルは使わない。
ガラス瓶でデポジット方式になってる。(空き瓶を買った店に持って行ったら、瓶代を返してくれる)
でも、日本で買ったら、それも関係ないけどね。
味の方は、かなり炭酸がきつかった。
生まれて初めてイタリアでガス入りの水を飲んだ時みたい。
ローマのスーパーで間違ってガス入りを買って、えらい目に合ったのを思い出した。
その後、ガス入りにも慣れて、レストランではガス入りを頼むようになったんだけど、ゲロ水はかなりきつい。
あとで調べたら、コントレックス並の硬水だった。
コントレックスは飲んだことはないけど、硬水だから飲みにくかったのか。
ちょっと酸っぱい味もした。
こういう場合は、カルピスを割る時に使うのがいい。
簡単カルピス・ソーダのできあがり。
1回買って気が済んだから、もう買わない。
[PR]
by ilprincipe | 2005-05-30 22:11 | 食べ物

祭りのあと

ジロが終わった。
毎晩、ネット中継を夜遅くまで見てた。
イタリアのテレビがまるごと見れるので、どれだけうれしかったか。
結局サボルデッリという人が勝った。(って、この人よく知らないもんで)
第19ステージ始まる前まで1位のサボルデッリと2位のシモーニが2分7秒差。
最後の山岳でシモーニが激走すれば、逆転できるかもという状況だった。
そして、シモーニが必死の走りを見せたんだけど、途中で力尽きてしまった。
一瞬総合順位を逆転したのに残念。
シモーニって、去年のジロで同じチームの若手クネゴが勝ってしまったとき、「このガキが!」とか怒ったらしいんで印象悪かったんだけど、今年ネットでRAIの中継を見てちょっと見直した。
というのも、RAIでレースが終わったあと、解説の人や選手が出てまとめの番組を放映してた。
そのなかの息抜きでコントと歌のコーナーがあった。
今年のジロのテーマ曲を選手や往年の名選手が歌うんである。
それが超音痴の人もいたり、おもしろかったんだが、シモーニが一番うまかった。
コントにも出てたし、それで「この人ちょっといい人かも」と見直してしまった。
逆にいい人そうに見えるベッティーニ(去年のアテネ・オリンピックの金メダル)が、なんか腹黒そうに見えたり。
まあ、実際に会って話したことがないので、見た目だけなんだけど。
でも、ペタッキはいつ見ても暗い。
RAIの中継は途中で選手のインタビューも流れて、おもしろかったのに、Jスポーツの中継は全部カットされてる。
なにより、あのテーマ曲を流さないなんて!

ヽ( ゚∀゚)♪えろぐらんで~じ~ろ~♪( ゚∀゚)ノ

某所ではやったこの空耳。
本当は e' un gran bel giro なんだけど。
コントのおっさんがこの歌を歌ってたとは。
この曲を使ってないJスポーツがCDを発売するみたいなんで、それに期待するか。
ジロが終わって淋しいけど、次はツールだ!
[PR]
by ilprincipe | 2005-05-30 19:23

バラクーダ改

ついに我が愛車『ロゼ・シャンタン号』(またも姉が命名)に初乗りしました。
同居人が買ってくれたピンクのヘルメットに赤のグローブ、そしてレーシングパンツという格好だけは一丁前のレーサー・スタイルで。
ウェアは実はマリア・チクラミーノ(ジロでスプリンターが着るシャツ)をゲットしたんだけど、これを着るのはあまりにおこがましいので、アズーリの練習着を着用。
でも、この練習着すごく涼しいし、洗ってもすぐ乾くすぐれものなのだ。
ちょうどうちのハイツの駐車場がアスファルト舗装したばかりで、車も停まってなくて練習にうってつけだった。
いざ出陣と、サドルに跨って右足をペダルにかけるが、左足がうまく上がらない。
私は初めてチャリンコに乗るガキか?
そういえば私、自転車に乗れるようになったの小学6年生だったんだよね。
超肥満児でどんくさかったから。
それがロードレーサーに乗ろうとは。
少しサドルを上げて、もう1回やってみたら、なんとか進んだ。
ハンドルが本格的なドロップハンドルじゃなくてフラットバーなので、まだ乗りやすい。
けど、しっかり握ってないとすぐフラフラする。
片手離しなんかとんでもない。
駐車場で少し練習したあと、道路に出た。
危ないから歩道を走ろうかと思ったが、段差がひどいので、勇気を出して車道を走る。
ロードレーサーはタイヤが細いから段差は苦手なのだ。
とりあえず車の少ない北の方に向かった。
10分ほど走って、鶴見川に出たところで休憩。
折り返して帰ることに。
途中バスが通って、「邪魔だ」といわんばかりにクラクションを鳴らされた。
そこで仕方なく歩道に上ろうと、いったん自転車から降りようとしたら、真ん中のバーが高くて足がひっかかり転倒しそうになった。
自分が転ぶのはイヤなので、あわてて自転車から手を離した。
ガシャーン!
ああ、初乗りにして傷ものになってしまったロゼたん。
家に帰ってよく見たら、ハンドル・エンドに無残なすり傷が。
ギアの方が上だったから、そっちはセーフだったのでよかった。
ママチャリに乗った子どもにも抜かれて、なんのためのロードレーサーかって感じ。
だってギアをどうチェンジしたらいいのかわからないんだもん。
取り扱い説明書にも載ってないし。
たかだか20分走っただけで、家に帰って倒れ込んでしまった。
基礎体力をつけるのが一番先かな。
脂肪燃焼にはまだまだ及ばず。
[PR]
by ilprincipe | 2005-05-29 20:48

旧日本兵さわぎ

フィリピンのミンダナオ島で旧日本兵が生き残っていたというニュース。
「戦後60年もたってるのに」と思ったが、よく聞くとなんか怪しいみたい。
で、ふと思い出した。
うちの母方の祖父も戦争で死んだんだった。
それも南方、ニューギニアだったかな?
もし生きてて、いきなり現れたらどうしよう?
母は一人っ子なんで、身寄りはうちしかない。
祖母ももうすでに亡くなってるし。
いきなり出てこられても困る。
第一、うちの祖母が亡くなったとき、祖父の墓がどこにあるかわからなくて、新しい墓を作ったくらいなんだから。
祖父が戦争で亡くなったとき、母はまだ小さかったから墓のことを知らないのは仕方ないけど、祖母が亡き夫の墓参りをしたとかいうことは聞かなかったなぁ。
祖母は未亡人になったあと、再婚もせず女手一つで苦労して母を育てた。
田舎の農家の出身だから、ちゃんとした学校も出てなくて、いい職につけなかったから本当に大変だったと思う。
だから孫の私には「勉強はしとくもんだ」と大学の入学金を出してくれた。
けど、祖父の話というのはほとんど聞いたことがない。
母にもたいした思い出はないだろうし。
いきなり帰ってこられたらどうしよう、と思ったのだが、よく考えると生きてたら90才越えてるから多分生きてないと思う。
テレビでも、ジャングルでそんなに長生きするのは無理だと言ってた。
こういうのを杞憂っていうんだな。
[PR]
by ilprincipe | 2005-05-28 22:08

公演中止?

昼前、ネットをしていたら、某掲示板で「WWEの神戸と名古屋公演が中止」とあった。
昨日の夜からかなりの騒ぎになってたみたいだ。
私は埼玉しか行かないので関係ないのだが、一体なぜ?
6月30日にRAW組が名古屋、SD組が神戸と日本では初めての同日公演だったのに。
掲示板では、「チケットの売れ行きが悪かったからじゃないか?」と言われてたけど、そうかな?
確かに埼玉もそんなに売れてるとは思えないけど、料金がバカ高いから客の入りが満員でなくても儲かるとは思うんだけど。
クラシックの公演が高いのはオーケストラ丸ごと海外から呼ぶせいだけど、WWEなんてレスラー(WWEでは「スーパースター」と呼ぶ)だけじゃん。
それがそんなに金かかるのかねぇ?
会長ビンス・マクマホンがぼったくりなんだろうか?
私は試合を見に行っても、パンフもグッズも買わないから上客ではない。
でも、いつもグッズ売り場には大行列ができてるから、その売上もすごいはず。
日本はいいマーケットなのに。
そういうことを考えても、神戸と名古屋じゃやる価値がないってことなんだろうか。
日程の都合だったら、数ヶ月前から決まってたことなのに。
まあ、去年だっけかイタリア公演も急遽キャンセルになったこともあるし。
フジの放映がなくなったといっても、名古屋と神戸じゃ放映してなかった。
一番気の毒なのは、チケット買った人なんだけど。
平日だから休みとった人もいただろうし、私も大阪にいたら神戸に見に行ってただろう。
おかげで埼玉がRAWとSD共同のスーパーショーになったけど、なんか釈然としない。
結局、来日する選手が減ったってことだよね。
15000円も払って、手抜きショー見せられるのかね。
2月の公演がよかっただけに、こんなことになって残念。
公演中止の理由をはっきりしてほしいもんだ。
[PR]
by ilprincipe | 2005-05-27 18:23

謎のおじさん

よく行くスーパーでいつも見かけるおじさんがいる。
私が時間をずらして行っても会うのはなぜ?
60過ぎぐらいで、やたら色が白くて、頭はQPヘア。顔はくしゃおじさん。
特徴があるので、すぐわかる。
うちの近所にはスーパーが3軒あるのに、なぜかその中の1軒だけで会う。
他のスーパーには行かないのか?
同居人に言うと「警備員じゃないの?」だって。
あんな弱々しい警備員がいるんだろうか?
警備員というと、元警察とかで眼光鋭い人なんじゃないかな?
昔は本当にそんなおじさんばっかりだったから、すぐわかった。
圧倒的におばちゃんの客が多い中で、がっしりしたおじさんが昼間から何を買うでもなくスーパーの袋をぶらぶらさせて歩いてる。
それも商品見ずに人ばっかり見てるから、バレバレ。
うちの姉は警備員を見ると、わざとあやしいそぶりをして怪しまれるのが好きな困ったちゃんである。
ただでさえ、店内をきょろきょろしてマークされてるというのに。
あのおじさんが警備員だったら、すごいフェイントだな。
でも、カゴ持ってパン売り場をうろうろしてるから違うと思うんだ。
そういえば、こっちの夕方のニュースでよく万引き犯の特集を放映するけど、関西の「スーパー玉出」ばっかり出てくる。
そりゃあ関東ローカルの番組で関東のスーパーをやれば、知ってる人が出てきてやばいかもしれないのはわかるが。
なんか関西って、万引きの多いところとか、関西人は泥棒とか誤ったイメージを与えてはいないだろうか?
ただでさえ、こっちじゃ関西のイメージ悪いのに。
それともテレビ局にそう考えてる人がいるんだろうか?
[PR]
by ilprincipe | 2005-05-26 20:04

CL決勝

朝、目が覚めてテレビをつけたらちょうどスポーツニュースをしていた。
UEFAチャンピオンズ・リーグの決勝でミランが負けていた。
前半3-0でリードしてて、後半同点に追いつかれ、最後PKで負けるとは。
はははははっ
ひそかにリバプールを応援してたので愉快。
だって私ミランが大嫌いなんだもん。(ファンの人には悪いけど、嫌いなものは嫌いなので仕方ない)
私がセリエAを見だした90年はミランの黄金時代で、そりゃあ憎たらしいほど強かった。
生まれて初めてイタリアで見た試合がサンシーロでのミラン×ローマで4-1のボロ負け。
おまけにあのキャプテンの顔が苦手。
アップで映ろうものなら、「ギャー」と言ってあわてて目をつぶるか、顔を手でおおうほど。
だから、ミランの試合はほとんど見ない。
ローマとの試合だって、おそるおそる見るほど。
好きな選手がミランに移籍しちゃった時は、どんなにイヤだったか。
おかげでその選手すらどうでもよくなってしまった。
おそるべしミラン。
でも、今年はリーグ戦でも優勝を逃し、すべてを賭けたCLでも負けるとは。
呪われてますか?
しかし、CL勝ったのがリバプールって、その昔ローマが負けた相手ではないか。
確かその時も最後にPKで負けたはず。
はずした選手がコンティ師匠だったんだよね。
あんまりミランの不幸を喜んでいると、ローマに跳ね返ってきそうなのでやめとこう。
まだコッパ・イタリアの決勝があったのだった。
[PR]
by ilprincipe | 2005-05-26 18:30

シロナ、その後

給料日だけど、同居人が帰って来るまでお金はない。
一応、豚肉だけ買ったから、これを照り焼き風にするか。
と思ったのだけど、ベランダを見て「そうだ、もう食べちゃお」ということになった。
かなり育ったシロナをぶちぶちと収穫。
大きいのだけを選んで抜いた。
ちょっと量が足りないけどいいか。
というわけでこうなりました。
b0039840_19232974.jpg
豚肉とシロナの煮物
実際の量は鍋に半分はあったけど。
こういう種類なのか茎の部分が短い。
ちょっと葉が柔らかすぎかと思うけど、ちゃんとシロナの味がした。
自分で育てた野菜を食べるなんて感激。
それも無農薬だし。
毎年ルコラとバジルは作ってるけど、自分じゃ食べないのだった。
でも、4月25日に蒔いたシロナがひと月で収穫できるとは。
それもプランターで。
種は1袋380円だったし。
ちゃんと育てると月に1回は食べられるってことだな。
あ、野菜用の土がちょっと高かったんだ。
といっても20リットル500円ほどだったけど。
半年ぶりに食べたシロナの煮物はおいしかったです。
[PR]
by ilprincipe | 2005-05-25 20:22 | 食べ物