怒りの宅急便

買い物に出て帰ると、宅急便の不在票が入っていた。
事務所に電話するが、なかなか通じない。
ドライバーさんの携帯に電話して、夜に配達してもらうことにした。
しかし、いくら待っても来ない。
結局、その日のうちに来なかった。
翌日、事務所に苦情がてら電話した。
で、また夜間に配達を頼んだ。
すると、来たのは午後3時。
私は6時以降と言ったのに。
まあ、家にいたからよかったけど。
年末で忙しいのはわかるけど、それはないんじゃないの。
べつに生物でも食品でもなかったからいいけど。

郵政公社が料金改定をして便利になったというけど、私みたいに小さい箱を送る者にとっては実質値上げだ。
大阪の実家にたまに荷物を送るのだが、610円だったのが710円になった。
Xパックという500円で送れる封筒みたいなサービスもできたけど、「30キロの物まで送れます」って、あの封筒にどうやって30キロも物を入れろと?
水銀か金塊しかないんじゃないの?
だから、最近は「ヤマトがんばれ」と応援してたのに。
この前、実家に帰ったとき、出先から宅配便を送るのにコンビニはどこも集荷したあとで困っていたら、ヤマトの事務所を教えてくれた。
それで助かったのだが、ちゃんと配達しなきゃダメじゃん。
うちの猫の名前はヤマトというので、親近感持ってるのに。
黒猫じゃなくてシャムだけどさ。

で、受け取った荷物は懸賞で当てた『選べるギフト』のカタログでした。
これ去年も当たったのだった。
[PR]
by ilprincipe | 2004-12-26 18:21

クリスマス・ケーキ

クリスマス・ケーキを買いに尾山台のオーボン・ビュータンに行ってきた。
毎年、予約なしで買ってる。
というのも尾山台なんて、そう行くことがないから。
ニコタマで乗り換えて大井町線に乗ることも滅多にない。
自由が丘もあるけど、なんか好きじゃない。
大阪にいた時は、高島屋のデパ地下で買ってた。
3年前こっちに来て目移りするくらい有名なケーキ屋があるので、どこにするか迷って一番老舗なオーボン・ビュータンにした。
なんの変哲もないイチゴと生クリームのケーキなんだが、これがおいしい。
いい材料で作ればこんなにおいしいのかと思った。
スポンジが黄色いのに驚き、生クリームも濃厚。
それでいてくどくない。
いくらでも食べられる。
そして、このいちごのケーキはクリスマスにしか作らない限定物なのだ。
普段はショーケースに普通のショートケーキはない。
いちごの季節には似たようなケーキはあるけど、洋酒がきつくて私はダメだった。
だから、わざわざ電車に乗って買いに行くんだよ。
それが今年は明らかに去年より小さくなってた。
卵の値上りのせいだろうか?
いつもは一番小さいのを買うのだが(二人暮らしだから)、それじゃあまりに小さいので一つ大きいのにした。
ついでに毎年気になってたミニ・ブッシュドノエルとモンブランまで買ってしまう。
5000円もケーキを買うなんて…。

オーボンのモンブランはまだ食べたことがなかったのだが、普通の味だった。
アンジェリーナほど甘くもなく、くどくもない。
モンサンクレールに似てるかな。
ミニ・ブッシュドノエルの方は、小さくてかわいいだけだった。
マロンを買ったが、なんか固い。
小さいロールケーキはかわいいけど、これで500円は高いよー。

いちごのケーキといえば、鶯谷のイナムラショウゾウもおいしいけど、ここの生クリームはすぐに崩れてくるから長時間の持ち歩きには不向き。
お店の前にあるベンチで食べるのが一番いいかも。
ここのいちごのロールケーキもおいしい。
結局、いちごのケーキが一番好きな私の口はお子様だな。
[PR]
by ilprincipe | 2004-12-24 18:05 | 食べ物

郵便屋さん

イタリアの友人宛てのクリスマス・カードをやっと20日に投函した。
渋谷から出したから、すぐに飛行機に乗るとは思うけど、イタリアに着いてからどれだけかかるかはわからない。
私がイタリアから出した絵はがきが日本に届くのに3か月以上かかったこともあったから。
ちゃんとエアー・メイルにしたのに船便にされた。
また、イタリアの友人からの手紙はなぜかチェコ経由になってた。
おそるべしイタリア郵便。
その点、日本の郵便はちょっとぐらい番地がまちがっててもちゃんと届く。
これはすごい。
でも、一回実家のマンションで郵便の束が集合ポストの上に放置されてたことがあった。
仕方ないから、私がちゃんと各家のポストに入れたんだけど。
あとで郵便局に電話しといた。
最近は郵便にとって代わってメール便というのが増えてきて、未配達のがいっぱい発見されて問題になってる。
懸賞の賞品などがメール便で来ることが多いから、本当に当たったのかはずれたのかわからないから始末が悪い。
うちもメール便が郵便受けじゃなくて、ベランダの室外機の上に置かれていたことがあってびっくりした。
メール便は誤配があってもポストに入れるわけにいかないから、困ったもんだ。
私は子どもの頃から郵便配達のバイクの音が好きで、うちの前に止まるとわくわくした。
今でも「何か懸賞当たったかな?」とうきうきしてるので、どうか誤配はやめてもらいたい。
でも、最近当たらないんだよね。
[PR]
by ilprincipe | 2004-12-22 23:52

クッキー・モンスター

先日、夜に突然クッキーが食べたくなって困った。
めったにクッキーなんて食べないのに。
コンビニに行くのも面倒だし、家に材料はあるけど作る気はない。
私はケーキを焼くのは好きだが、クッキーを作るのはあまり好きではない。
バターの固まりみたいだもん。
昔、オーブンを使い始めた頃はクッキーも焼いたけど、なんか初心者向けって感じがして、すぐに作らなくなった。
型抜きクッキーは型を買うのが高くつくし、残りの生地がもったいない。
絞りだしクッキーの方が好きだけど、これは本当にバターがいっぱいいる。

結局、次の日に成城石井でベルギー製のクッキーを買ってきた。
イタリアで暮らしてた時、わりとクッキー食べてたので、その時よく食べてたのに似てたのがそれだったから。
一袋にいろんな種類のが入ってて、わりと安かった。
私は絞りだしクッキーにあんずジャムが乗ってるのがお気に入り。
そういえば、向こうじゃビスケットもよく食べたっけ。
イタリア人って、朝食がわりにビスケットを食べたりする。
だからスーパーで売ってるビスケットは大袋である。
封を開けて、しばらく置いてても湿気を吸って柔らかくならない。
さすが地中海気候。
日本にお気に入りのクッキーを持ち帰ったら、1日でダメになったよ。
ああ、また安いお菓子食べに行きたいな。
[PR]
by ilprincipe | 2004-12-18 23:42 | 食べ物

オレの身にもなれ

うちの猫がまたアレルギーを出したので、エリザベス・カラーをつけた。
エリザベス・カラーというのは、パラボラ・アンテナみたいな形のやつ。
犬や猫が傷口を舐めないように首につけるもの。
うちの猫は血液中の好酸が増える病気で、この症状が出ると腕や脚にハゲができる。
それを気にして(かゆいんだろう)、舐めるので、またハゲる。
で、カラーをつけるのだが、カラーをつけると、それまで元気だったのが、急に病人モードになる。
毎度のことで、もう慣れてはいるのだろうけど、やっぱり動きにくそうだ。
「オレの身にもなれ」と、言われてるみたい。
あんなカラーつけて、満員電車に乗ると迷惑だろうなあ。
おかしい人と思われて、誰も回りに寄ってこないから、かえっていいかも。
でも、トイレにも入りにくいか。
人間用のサイズにすると、重さはどれくらいになるんだろう?
5キロにもなったら首が凝って仕方んばいだろうな。
って、人間は体舐めないからカラーなんて必要ないのだった。

うちの猫がカラーつけててよたよた歩くのは、とてもかわいそうだが、お尻の掃除ができないのは、もっと気の毒。
かわりに舐めてあげることもできないしね。
カラーはずした直後、必死で毛づくろいをするのだが、やはりお尻を舐めると「きくーぅ」となるのだろうか?
[PR]
by ilprincipe | 2004-12-17 23:59 |

あわわ

もうすっかり寒くなって、ブログの背景も紅葉というわけにいかないので変えてみた。
なにか冬っぽいものを探したんだけど、なかった。
気まぐれなので、そのうちまた変えるかもしれない。
(本当は一番最初のう○ち柄が気に入ってるんだけど…)

昨日、懸賞応募のため貯めていた納豆の包み紙を見たら、締め切りが12月15日だった。
がーん。
1年分貯めてたのに。
(といっても同居人が週に2回食べるだけなので、そこまでたいした数ではない)
8枚ですき焼き肉コース。5枚でステーキ。
去年も応募してはずれたから、今年は当てるぞーとがんばったのに。
あーあ。

もう一つはずれたのが紅白歌合戦。
観覧希望の往復ハガキを2枚出したけどダメだった。
よく考えるとNHKホールって渋谷の近くだった。
それじゃ、行けるやんと応募してみたがはずれた。
ヨン様は出ないかもしれないけど、マツケンサンバ、生で見たかったな。

そして、ドラクエにかまけてクリスマス・カードを送るのを忘れてた。
イタリアの友人たちに毎年送ってるのに。
昔はカードと送料で5000円越えてたこともあったけど、近年はめっきり減っちゃった。
あわててカードを買いに行ったけどロクなの残ってなかった。
せめて年賀状は早めに出そう。
[PR]
by ilprincipe | 2004-12-16 23:45

北海道物産展

駅前のデパ地下もどき(その昔デパートだった名残で地下だけ残ってるという変なところ)で、北海道物産展をしていたので、開店と同時に行った。
というのも、六花亭のお菓子は限定販売ですぐ売りきれるから。
目当てはストロベリー・チョコと大平原。
ストロベリー・チョコはフリーズドライにしたイチゴにホワイトチョコがコーティングしてある。
今は普通のチョコ・バージョンもあるけど、ホワイトの方がおいしい。
これは本当にヒットだと思う。
このあと類似品がいろいろ出たけど、どれも六花亭のほどおいしくなかった。
初めに考えた人、エライ。
大平原は普通のマドレーヌで、電子レンジであっためて食べるとおいしい。

でも、六花亭の一番の名物はマルセイ・バターサンド。
クッキーにレーズンの入ったバタークリームがサンドしてあるもの。
北海道物産展ではいつもいっぱい売ってて、午前中には売り切れる。
実は私はレーズンが大嫌いなので、バターサンドは好きじゃない。
レーズン抜きのを作ってほしいが、そうするとしまらない味になるんだろうな。
いちいち楊枝で抜いて食べるのももったいないから、買わないことにしている。

北海道物産展といっても、海産物にいかずお菓子ばっかり買うのもどうかと思うけど、カニもイクラも嫌いなんだもん。
あ、柳月の三方六よりユーハイムのバームクーヘンの方がおいしい。
帯広の方、ごめんなさい。
[PR]
by ilprincipe | 2004-12-15 23:24 | 食べ物

気になる言葉

テレビで若い女の子が晩ごはんのことを「夜ごはん」と言っていた。
ここ4、5年で「夜ごはん」という言い方が増えてきたように思う。
この言葉を聞くたびに「夜ごはんじゃなくて、晩ごはんだろ」と突っ込みたくなる。
ヨネスケがやっているのは「突撃、隣の晩ごはん」であって、「隣の夜ごはん」じゃない。
なんでこんな変な言葉が世にはびこるのかねぇ。
「目線」っていう言葉も広辞苑には載ってないはず。
みんなが使えば認知されるようになるとはいえ、昔ながらのきれいな日本語も残してほしいと思う。
最近のニュースで中学生の国語力がすごく低下しているとあった。
本を読まないから当たり前だ。
べつに漱石のころの日本語を話せとは言わないから、ちゃんとした日本語を話すようにしてほしい。
こんなこと言う私はきっと年をとった証拠だな。
[PR]
by ilprincipe | 2004-12-11 22:33

無洗米

急に寒くなってきて、今シーズン初めて手袋をした。
私はそこまで寒がりじゃないけど(皮下脂肪のおかげで)、手は弱い。
もうちょっと寒くなると、夜寝る時も手袋するほど。
もちろん、靴下もはいて寝ます。
真夏以外はずっと靴下はいたまんま。(外用と室内用わけてます)
きっと、これは末端冷え性というやつなんだろうな。
手足がすごく冷たいんである。

で、冬になって困るのが、お米を洗うこと。
去年、近くのスーパーの懸賞で無洗米が当たった。
それまで、なんとなく無洗米っておいしくなさそうで使ったことなかったんだけど、実際使ってみると、すごく便利だった。
味も普通のと変わらない。
だって、最近はホカ弁とか外食で無洗米使ってるから、そこまで区別つく人はいないんじゃないかな。
釜に米と水を入れるだけでいいなんて。なんて簡単なんだ。
昔、「結婚したての若奥さんが、米を洗わずに炊いた」とか、「洗剤を入れて洗った」という笑い話はもうなくなるんだ。
かくいう私もいい年になるまで米を洗ったことがなかったのだった。
イタリアで自炊生活を始めて、米を洗っておいといたらすごいことになって驚いた。
向こうの米は、日本とはまた違って、洗って時間を置くと膨らむのだった。
まあ、日本のように炊いて食べることってないからな。
リゾットみたいに、おかゆ状にして食べるから。
そういえば、上岡竜太郎が「一番好きな食べ物は?」と聞かれて「米」と答えていたっけ。
「もう何十年食べてきたけど、全然飽きないから」だって。
最近、そんな米が嫌いという日本人も増えているようで悲しい。
(うちの猫も米アレルギーなんだけど)
[PR]
by ilprincipe | 2004-12-09 22:37 | 食べ物

3D方向音痴

ブログも「やまとの日記」も更新が遅れがちになってしまってすみません。
というのも、すべてドラクエのせいです。
今回のドラクエはフィールドが3Dになっていて、方向が全然つかめなくて迷子になってばかりで時間がかかる。
画面の左下にコンパスが表示されていて、それを見れば方角がわかるようになっているのだが、これがまたわかりにくい。
なんか私が進む方は決まって反対なんである。
どうして?
実生活じゃ方向音痴じゃないのに。
よく女性は地図を読む読むのが苦手といわれるけど、私はそこまで苦手じゃないし、地図を見るのは大好きなのに。
きっと、ゲームの画面は景色がそんなに変わらないせいだと思う。

昔は一人で海外に行って、言葉も通じない国でなんとかやってきたのに。
こんな私でも迷子になったところが二つある。
それはウイーンとシエナ。
どっちも大通りからはずれると道が狭くて、建物が高いから見通しがきかない。
特にシエナは同じところを何度も回ってしまった。
広場を中心に放射線状に道があるので、はずれるとどんどん違う方に行ってしまう。
1泊しようと思ったのに、ホテルも満室で結局ローマに日帰りしてしまった。
ウイーンもそう。
オペラ座も見ずじまい。
あっ、ベネチアもそうだった。
歩いてサンマルコ広場に行こうとして、途中で迷って、なぜか駅に戻ってしまったという。
これって、やっぱり方向音痴?
[PR]
by ilprincipe | 2004-12-08 23:53