カテゴリ:読書( 120 )

古本買取

新百合ヶ丘のブックオフまで車で行ったのだが、駐車料金を無料にするため、本を売った。
それがBLの新書1冊買取40円。
フェアの小冊子目当てで定価で買ったのに。
1回しか読んでないから、すごいきれいだけど、そんなの関係ないのね。
売れ筋かどうかだけ。
出版社側も在庫セールみたいな感じで、売れ残ったやつに小冊子つけて売ってるし。
まあ、もらった図書券で買ったもんだけどさ。
で、ブコフで売る時は、500円になってるんだろうな。
まだ、まんだらけに売る方がマシだわ。
でも、ここでも値打ちのないのは10円だけどね。
こっちも仕方なく買った文庫本持っていったら、10円と言われて、持ち帰った。
それなら、ブコフに売って駐車場代にした方がマシだわと。
たまにブコフで105円で買ったのを200円で買い取りしてくれる場合もあるけど。
いいかげん、段ボール箱5つにたまったBL本をどうにかしなければ。
作家ごとにまとめて、オクに出した方がマシかな?
[PR]
by ilprincipe | 2013-02-26 22:46 | 読書

b0039840_14555637.jpg予約していた本が入荷したというので、セブンイレブンに受け取りに行った。
セブンネットショッピングで、BLマンガ本のサイン本を予約販売してたので。
本当は山田ユギさんのが欲しかったけど、知った時にはすでに売り切れだった。
以前も別のところでサイン本出たけど、瞬殺だった。
ユギさん、人気あるのね。
その代わり(といっては失礼だけど)に、内田カヲルさんの新刊を買った。
欲しいなと思いつつ、買ってなかったので。
『そしてすべてが動きだす』。
売れっ子マンガ家になった後輩とそのマネージャーに徹する先輩。
男っぽい先輩の方が実は…なんだよね。
一応少女マンガなんですが、脛毛描写ばっちり。
そういう方面がお好きな方には人気のあるマンガ家さんです。
これの掲載された『麗人』って、すごいわ。
創刊された頃は買ってたけど。
各種お取り揃えしてる。
内田さん読んだあとは、中村明日美子さんあたりを読んで口直しをしたくなりますw
ちょっと胸焼けするよ。
[PR]
by ilprincipe | 2013-02-16 22:54 | 読書

b0039840_06160.jpg結局、雪はそんなに降らず雨だった。
水曜だから、『ストロベリーナイト』見に行きたかったんだけどな。
どこにも行かず、BLを読んでいた。
2日で6冊w
読んでない山から手に取ったのが、カフェを舞台にしたやつで、いまいちおもしろくなかった。
口直しに評判のいいレストランものを読みだした。
高遠琉加さんの『愛と混乱のレストラン』。
全3巻なんだが、これ1巻目には、えろがなかった。
おい、BLなんだから、えろは必須だろうが。
投げたくなったが、続けて2巻を読んだら、おもしろかった。
赤字続きで休業に追い込まれたフレンチ・レストランを立て直すため、外食産業本社から派遣された理人は、若手シェフ秀司を引き抜くため、「言うことを何でも聞く」と言ってしまった。
それが1巻ね。
2巻では、秀司の方が、とりすました理人を意識しだして…。
なんかもうテレビドラマみたいでおもしろい。
理人の過去が壮絶で。
そんな二人が3巻でどうなるか、なんですが。
いやー、おもしろかったわ。
脇の人たちも魅力的で。
これ2009年度の『このBLがやばい』の小説部門の1位だったのね。
3巻まとめて買っててよかった。
[PR]
by ilprincipe | 2013-02-06 22:39 | 読書

BLサイン会

池袋でチケット買ったあと、秋葉原にBL作家さんのサイン会に参加。
映画『ストロベリーナイト』の舞台挨拶の日だけど、チケット取れなかった。
だから『おのれ~』の方のチケット取りに行ったんだけど。
2時間しか寝てないので眠気が半端ない。
それでも池袋のブコフとK-BOOKSに行く私だったw
b0039840_1491696.jpg昼すぎにアキバに出て、駅構内のカレーに魅かれたが、サイン会のチケットを引き換えなきゃならないので、泣く泣く我慢。
予約は入れてたので、本を買って、チケットをもらう。80番台だった。
サイン会まで2時間もある。
カレー食べる時間あったわ。
とりあえずコンビニでおにぎり買ってベンチで食べた。
ちょっと節約モード。
そのあとブコフへ。
荷物増やしたくないけど、4冊買った。
10分前に集合場所に行くと、かなりの人。
定員250人ほどだったかな。
行列を見て、一般客は不思議そうにしてた。
並んでるの比較的年齢層高めの女ばかりだから。
「遠野春日先生サイン会」とあるけど、「誰、それ?」やろな。
普通の男の人で知てったらこわいわ。
やっぱ、BL小説読むのはおばさんが多いのか。
遠野先生は、おとなしそうな女の人でした。
こんな方があんなシーンを書いてるのね。
コミケで一人参加で売り子してるような感じの人。
横でお手伝いしてる出版社の人に、「どのカップルが好きですか?」と聞かれたけど、「攻×攻が読みたい」なんて言えなかったw
先生は、すごくきれいな字で私の名前まで入れてサインしてくれた。
字が美しいと得だわ。
[PR]
by ilprincipe | 2013-01-26 22:29 | 読書

BL新刊

BLの新刊文庫を買うために、わざわざ秋葉原に行ってきた。
アキバと神田の書店のみペーパーがつくというので。
ついてたのは、はがきサイズのコピー1枚だった。
うーん。
交通費使ってまで行く価値があったかどうか。
他に欲しかった本がサイン入りであったので、それも買えたからよしとするか。

ついでにブックオフにも行った。
欲しい本が安くあった。
オクで買った本が105円であったのは、ショックだよね。
まあ、綾野剛表紙の『BARFOUT』が105円だったからいいか。
さすがに文庫6冊買うと重いね。

帰りに東京駅に寄って、「牛肉どまん中」を買った。
駅弁ではこれが一番好き。
山手線に乗ろうとしたら、日暮里で車両故障とかで止まってた。
私がたまに電車に乗るとこれだよ。
[PR]
by ilprincipe | 2012-12-18 22:55 | 読書

代引き

欲しいBLが絶版で中古で探すしかないのだが、いい値段になってる。
アマゾンのユーズドで1400円て。
ネットオフとブックオフで入荷したらメールが来るように設定してるのだが、いつも気づいた時には売り切れ。
それが今回はまだあった。
ただ、ネットオフはちょっと前にクレジット・カードの情報流出事件があってクレカ決済ができない。
代引き手数料315円かかる。
そりゃあ大きなブコフに行く交通費を考えれば安いけど。
仕方ないので、他にも欲しい物があったのでまとめて買った。
それが届いたのだが、現金用意してなかった。
いつもクレカなので忘れてた。
自分でいうのもアレですが、私はきっちりしてる方なので、こういう時はちゃんと用意しておくんだけど。
千円札1枚がなくて困るとは。
配達の兄ちゃんもお釣りがないという。
それで受け取りできず。
また夜に来てもらうことになった。
って、普通はお釣り用意しとくだろ。
まあ、一番悪いのはクレカが使えないネットオフだな。
で、やっと受け取った本は、状態がいまいちだった。
なんだかなぁ。
[PR]
by ilprincipe | 2012-12-17 22:36 | 読書

サイン会

久しぶりにゆっくり寝れる土曜日と思ったら、BL作家さんのサイン会の電話予約をしなければならなかった。
9時半から書店に電話。
電話予約って、なつかしいな。
まあ、チケット取りほど大変ではなかった。
5分でつながった。
でも、これ電話予約順じゃなくて、書店で新刊を買った人順だって。
場所は秋葉原で、新刊が出るのは1月19日だっけか。
わざわざ、それだけのためにアキバまで行かないなぁ。
サイン会当日でいいか。
順番遅くなってもいいから。
それまでは、ブコフで時間つぶすか。
で、この新刊コミコミ(BLに特化した本屋)で買うとペーパーがつくそうで。
それだけのために、もう1冊買ったりはしないぞ。
[PR]
by ilprincipe | 2012-12-15 22:08 | 読書

楽天ブックス

楽天のポイントの有効期限が迫ってたので、新刊の文庫本を予約した。
それが発売日を過ぎても届かない。
「届きません」と問い合わせしたら、「発売日当日に配送するとはいってません」と、逆ギレめいた返事がきたので驚いた。
最初に「遅れてます。すみません」と言えないのか?
それがあってから、発売当日に配送するとは確約できません、だろ。
その本、品切れにもなってなくて、普通に1~2日で発送になってるのに。
なんで予約した方が遅くなるの?
で、文句言ったら、すぐに配送するの。
前にDVDを予約した時もそうだった。
発売1週間過ぎても来なかった。
結論、楽天ブックスで予約しない方がいいです。
急がないのならいいけど。
BLの新刊もすぐに売り切れるし。
ポイント貯めてなきゃ、あまり使えないな。
[PR]
by ilprincipe | 2012-12-01 22:49 | 読書

ヤマシタトモコ

祝日だけど、雨なので、どこにも行かず。
ブックオフで買ったマンガを読む。
ヤマシタトモコさんのBLじゃない普通のマンガ。
まだ読んでないのが105円であったから3冊買った。
『ドント・クライ・ガール』がおもしろかった。
いきなり裸族の男が出てくるというトンデモ設定。
ヤマシタさんの絵って、人物の描き分けがはっきりしてないので、どれも同じ人に見える。
あの絵が苦手な人もいるかも。
アマゾンの感想で、「この人はマンガ描くより詩人になった方がよかったのでは」と書いてる人がいて、妙に納得した。
ヤマシタさんで今一番おもしろいと思うのは、ツイッターでやってる『どうぶつの森』の報告。
たまに腹かかえて笑ってます。
DSの『どうぶつの森』やりたくなったほどw
クリスマス・プレゼントに欲しい。
当たったDS売らなきゃよかった。
[PR]
by ilprincipe | 2012-11-23 22:13 | 読書

『茅島氏の優雅な生活』

b0039840_18354597.jpg今、ハマってるのが、遠野春日さんの『茅島氏の優雅な生活』。
3巻まであって、長編かと思ったら、短編集だった。
それも話が前後する。
初めはちょっとわかりにくいんだけど、「ああ、あの時のことか」って、わかるのがいい。
桁外れの資産家だが孤独な青年・茅島氏の心を初めて捉えたのは庭師の「彼」。嵐の夜、突然アパートに押しかけてきて告白する茅島氏に、つい意地悪をしてしまう庭師だが、世俗にまみれない茅島氏の素直さに次第に惹かれてゆく。美しいイングリッシュガーデンに囲まれたお屋敷を舞台に、庭師×主人の恋を描く。

作中にボルゾイが出てくるの。
うちの近所にもいるんだけど、なんとも優雅で何にも考えてないような犬なのね。
コミック版も出てて、こっちの方がさりげなく犬がいてかわいい。
絵は小説版の日高ショーコさんの方が好きだけど。
コミック版の方は、おまけにSSが入ってるので、それが目当て。
同人誌も出てるようだけど、オクで300円のが2500円になってた。
あとからハマると、こういう時困る。
[PR]
by ilprincipe | 2012-11-19 22:33 | 読書