カテゴリ:うっちー( 329 )

行ってきました、六本木。
10日前にも行ったようなw
しかし、誕生日の前後に好きなもの二つ見られるとは。
ネットでチケット取ったのですが、なかなかつながらなかったので端しか取れず。
前の方だけど、端っこなので、スクリーンがまともに見えない。
これなら後ろでも真ん中の方がよかった。
って、今日は映画見るんじゃなくて舞台挨拶目当てだから。

映画の方は、私アニメが苦手でコナンは一度も見たことがない。
大丈夫かなと思いつつ見たけど、わりとおもしろかったです。
「そんな奴おらんやろ~」と心の中で突っ込みを入れながら見ましたw
五エ門も不二子ちゃんも声が変わってたのね。
次元だけは、小林清志さんのままだけど、なんか入れ歯感がひどかった。
内野さんは、声優の演技ではないけどうまかったです。
初めどれかわからなかったほど。
素の声でもないし、いつもの芝居の声でもなかった。
アラン・スミシー、悪役だけどいい役でした。
そうでないと引き受けないよね。

舞台挨拶の方は、六本木ということもあって、栗田さんが『相棒』vs『臨場』と言いだして、水谷豊のマネをすると内野さんがぼそっと「俺のと違うなぁ」と言ってくれました。
その内野さんは、「しずかちゃんのお風呂シーンvs不二子ちゃんのお風呂シーン」と言いだしたので、ちょっとびっくり。
ワイドショーでここばかり取り上げられてましたね。

b0039840_392847.jpg


私の席からはこれちゃんと見えなかったの。
内野さん、近くにいた観客にちょっと演技指導してました。
「ルパコナ!」と声を合わせるのがうまくいかなかったので。
思ってた以上にいっぱい見られて満足です。
これが今年の内野納めです。
思えば今年は舞台が2つあったので、いっぱい見に行ったなぁ。
『TRUE WEST』は、舞台以外のことでムカついたけど。
来年はどうなることやら。
『BIG FELAH』が、おもしろければいいな。
[PR]
by ilprincipe | 2013-12-07 22:57 | うっちー

新聞

実をいうと2年前から新聞をほとんど読んでいないw
取ってるのがもったいないほど。
たまる一方で、本当に購読やめようと思ってた。
それがだよ、これだ。
b0039840_1472713.jpg

新聞取っててよかった。
しかし、なんでモンブランなんだろ?
[PR]
by ilprincipe | 2013-11-24 22:45 | うっちー

『True West』 その後

『True West』については、舞台そのものよりも制作側の対応に腹が立った。
特にぴあ。
チケットが売れてないからって、あとからバックステージ・ツアー付きだとかポスター付きのチケット出すなんて。
パンフレット付きはイープラスだったか。
ポスターについては、物販で売ればよかったのに。
私の回りでも欲しい人いっぱいいた。
で、ダメもとで渋谷のぴあに聞いてみた。
終わったあとの捨てるのならくれ、と。
そうしたら、ぴあの本社の方に返却しますとのこと。
千秋楽が終わったあとも係りの人に聞いてみた。
世田谷パブリック・シアターの人は、「こちらではわからないのでぴあの人に聞いてください」と。
で、ぴあの女性社員に聞いてみた。
「販売してる物じゃないので…」
そんなのわかってるって。
売ってたら買ってるわ。
そのあとの言葉がすごかった。
「ポスター付きの大阪公演がありますので、そちらを購入されれば」だとよ!
空いた口がふさがらなかった。
私がよほど金持ちの暇人に見えたのだろうか?
これには横にいた相方も驚いていた。

はあ?

なんですか?
ぴあという会社は、営業成績をあげるために徹底した社員教育をしてるんですね。
この女性社員の愛社精神には頭が下がるわ。
なんかもうムカついて、しばらく思い出して眠れなかった。
(それでブログ更新ができなかった。しまいには体調崩した)

腹がたったので、ぴあのカスタマーセンターに電話したら、さらにイヤな目に合った。
本当にもう「ぴあ」という言葉すら見たくない。
20年使ってる「ぴあカード」解約してやる!
[PR]
by ilprincipe | 2013-10-15 22:40 | うっちー

『True West』 東京千秋楽

用事があって早めに三茶に行ったら、またもスーパーで菅原さんに会った。
ガタイのいい普通のおじさんでしたw

芝居の方は、だいぶこなれていい感じでした。
音尾さんのアドリブも回を重ねるごとに増えてた。
今日はトースターがちょっとタイミング悪かったのが残念。
あれはもうその日の偶然だけだから。
シャンパンの栓もだんだん飛ばなくなってた。

キマーさんとリーの接触が日々濃厚になっていくのがおもしろかったです。
あれは左側から見た方がよく見える。
内容的にはちょっとアレレな芝居ですが、千秋楽ということで観客もあたたかかった。
あんなにスタンディング・オベーションがあるとは。
カーテンコールも5回か6回あった。
内野さんは途中からふざけてお玉を胸にお辞儀したりしてた。
最後に「日本中まわってきます」と言ってお別れ。
いい千秋楽でした。
(その後、あんなことがあるとは…)
[PR]
by ilprincipe | 2013-10-13 22:51 | うっちー

『True West』 5回目、バックステージ・ツアーに参加しました。
これもあとから追加した分。
まったく、ぴあって…。
チケットの売れ行きがいまいちだからって、こんなので客釣るってなぁ。
あとになって、パンフレット付きとかポスター付きが出た時は、むきーってなったわ。
パンフは売ってるけど、ポスターは非売品だもん。
ああ、むかつく。

で、バックステージ・ツアーですが、芝居が終わったあと、先導されて見るだけ。
60人ぐらいいたかなぁ。
60人も釣れたってことか。
客席の一番前から舞台を見て、って、前の方の席取ってたらたいして感激もない。
舞台終わってすぐに見に行けばすむことだし。
内野さんが、かじったあとのパンが落ちてた。
それでいいからくれよ!
どうせ捨てるんだから。
そのあと舞台の裏側へ。
セットの裏側は見れたけど、本当にそれだけ。
舞台裾まででした。
説明が少しあって、舞台装置の係りの人がちょっと裏話を教えてくれたけど、わざわざ参加するほどのことはなかった。
まんまと乗せられたわ。
3回しか行かない予定が6回に増えたんだから。

芝居の方は、客でなんか笑いどころが人と違う人がいて、その女の人の笑い声が独特でちょっと耳障りだった。
そして、私の前の席は山のような女性だった。
この前もデカイ男だったし。
ついてないわ。
[PR]
by ilprincipe | 2013-10-11 22:58 | うっちー

7ぴあ

『7ぴあ』というフリーマガジンに『True West』のインタが載ってるというので、あちこち探したが、どこにもない。
地元駅前と三茶でも探したけど、フリーマガジン置き場すらない。
地方の方があるみたい。
で、今日ちょっと遠くのセブンイレブンでやっと見つけた。
苦労したぜ。
b0039840_15481748.jpg


こんな感じで1ページのみでした。
写真はこれが一番よかった。

地方住みの内野ファンの人に首都圏のみ配布の小冊子とか送ってあげてるんだけど、今回私が『7ぴあ』手に入らないと言ってるのに、みんなスルー。
なんか私バカみたい。
ボランティアでやってるわけじゃないのに。
「ギブ&テイク」って言葉があるでしょ。
これからはちょっと考えるわ。
[PR]
by ilprincipe | 2013-10-08 22:45 | うっちー

Dirk Night @True West

行ってきましたよ、ダークナイト。
といっても、アフタートークでしたがw
急遽決まったイベントで、私も行く予定なかったけど、あわててチケット買い足しました。
こんなのばっかり。
ぴあの商法えげつないな。
おまけにこの日の昼の部取ってたから、人生初のマチソワ観劇となりました。

ダークナイトの内容については、他の方もブログに挙げてるとおりです。
内野さんは、リーの衣装のまま(ズボンは替えてた)で、ビール瓶を手にして登場。
「アフタートークとどう違うの?」と言ってました。
進行の演出補のセツさんがよくしゃべること。
(ツイッターのタグをちゃんとつけられない人だけどw)
「初めに話が来た時、リーでもオースティンでもどっちでもよかったんだけど、やっぱり兄の方だった」
と言ってました。
オースティンも見たかったな。
アメリカでは日によって役を入れ替えるということもやったそうで、それについて音尾さんが、「日本でも有数のワイルドな人なのに、ぼくなんか…」と答えてました。
あとは演出の仕方の違いとか。
リーの髪形は、スキンヘッドにするかという案もあったそうですが、「次の仕事のこともあるので坊主にはできなかった」と。
次、何の仕事なのかしら?
「芝居終わったあとなので、ぼーっとしてて」とも言ってました。
ちょっとお疲れ気味だったかも。
でも、普段のおしゃべりが聞けて本当によかったです。
時間は20分くらいだったかな。
楽しいひと時でした。

終わってエレベーターで地下に降りたら、目の前を菅原さんが歩いていたというおまけつき。
普通のおじさんでしたw
[PR]
by ilprincipe | 2013-10-05 22:52 | うっちー

『True West』 2回目

『True West』 2回目見てきました。
平日のマチネで、客の入りは、8~9割ってとこかな。
1階の後ろの方と2、3階の端に空席があったような。
初日よりは、だいぶ落ち着いたように思えました。
今日は、左サイドの2列目という内野ファン的に非常においしい席でした。
今回の舞台は、左側の方がおいしいと思う。
まだ右で見てないけど。
7割ほど左側で展開するから。
菅原さんとのシーンもよく見えるしw

2回見たけど、なんかいまいちよくわからない。
サム・シェパードってこんなの?
もっと言ってしまえば、今日本でこれを上映する意味がわからない。
私がバカだからなの?
でも、いっぱいいる年配のご婦人方もわかってるとは思えないけど。
サム・シェパードすら知らないと思うよ、あのばあさんたちは。
そんな人たちの前で80年代のアメリカの光と影とかやったって、わけわかめのような…。
アメリカの家族の問題で、日本とはちょっと違うし。
結局、リーにいまいち萌えがないせいなんだけどね。
『幻蝶』の保っちゃんはかわいかったよな。
翻訳劇はもういいや、と思ったら来年も翻訳もの。
しかもIRAだと。
おもしろければいいけど…。
[PR]
by ilprincipe | 2013-10-03 22:14 | うっちー

行ってまいりました。『True West~本物の西部~』初日。
6列目のセンターブロックだったんですが、傾斜がなくて見にくい。
前に座高の高い人がきたらアウトだわ。

お話は、脚本家の弟(音尾琢真)と粗野で無学な兄(内野聖陽)。
5年ぶりに再会した二人が、激しくぶつかり合う。
登場人物が4人だけ。
ほぼ二人が出ずっぱりのワン・シチュエーション舞台。
吉本新喜劇みたい、というと怒られるかw

第1幕は、ちょっとだるいかなと思う部分もあったのですが、2幕は一転してスピーディでセリフのやり合いもあって見ごたえがありました。
音尾さん、うまい。
吉村さんが、ちょっとセリフが上ずってたのが気になりました。
そして、菅原さん。
いや、初登場からインパクトがすごい。
これはまだ見てない人は、舞台の紹介写真は見ずに初見を楽しんでほしいな。
紹介写真にちょっとだけネタバレぽいのもあったし。

約5か月ぶりの内野さんは、ちょっとお腹がゆるかったw
『幻蝶』の時みたいに、尻は出さないけど、乳首は出してた。
なぜか足の裏が拝めます。
ただ、煙草を吸うシーンが多くて、前の方だと煙がくる。
私、煙草の煙が大嫌いなので、これはなんとかならんか。
ちょっとアンケートに書きたいほど。

物販は、パンフとミニ・トートバッグのみ。
ポスター欲しかったな。
でも、パンフの出来がいいので許す。
フルカラーで1500円とちょっと高いけど、写真集みたいになってます。
b0039840_19384250.jpg

これがパンフの裏表紙。
[PR]
by ilprincipe | 2013-09-29 22:26 | うっちー

スマステーション

いやー、緊張した生放送でした。
やはり生試食は心臓に悪かった。
食レポなんかやったことない人なのに。
「たこ焼きです」には、笑った。
まあ、慎吾ちゃんがやさしくリードしてくれてよかった。
こういう心臓に悪い生放送は2年に1回ぐらいでいいわ。
b0039840_2141788.jpg

[PR]
by ilprincipe | 2013-09-08 21:07 | うっちー