ウィニング・パス

近所のツタヤに、松ケンの初主演映画『ウィニング・パス』があったので借りてきた。
2003年、18才の時のだ。
オートバイ事故で下半身不随になり、車椅子で生活することになった高校生の役。
自分で何もできなくなり、自暴自棄になるが、車椅子バスケットに出会い、生きる意味を見つけるというありがちな話だけど、うまくできてた。
松ケンも自然な演技で、等身大の高校生だった。
初主演でかなり悩んだそうだけど。
病院の院長役に加藤剛、理学療法士にその息子が出てた。
妹役が堀北真希。わりと共演してるよな。
今度の映画も一緒らしいという噂…。
b0039840_22242.jpg

この相手役は伊藤歩という人。よく知らないんだが。
普通の高校生役は、これで最後。
このあとリーゼントの不良が続くんだな。
[PR]
by ilprincipe | 2008-11-06 20:48 | 松ケン