韓流大河ドラマ

実家に帰って、自分の部屋のテレビが壊れているので、夜寝るまでの間は、PSPでワンセグ放送を見てる。
携帯の画面より、かなり大きいので、十分役に立つ。
で、なにげなく見たのが『チャングム』の総集編。
正確には、『宮廷女官チャングムの誓い』という。
いわゆる韓流ドラマには、全く興味がなくて、前に『春のワルツ』だったか、兄妹とは知らずに愛し合うとかいうドラマの最初だけ見て、顔の区別がつかずに断念したことがある。
あの『冬ソナ』だって、5分見て、「何、この大昔の少女マンガ」と、吹き出してしまった。
好きな人いたら、ごめんなさいね。
それが、『チャングム』の超総集編を見て、ハマってしまった。
おそろしくダイジェストなので、話が進む、進む。
1年続いた大河ドラマを90分4回にまとめてるんだもん。
あ、日本の大河ドラマの総集編と同じか。
詳しいストーリーは、どこかのサイトにあると思うので割愛するけど、主人公チャングムがいろんな試練を乗り越えて、宮廷料理人のトップになるはずが、王様の主治医になったという話。
韓国ドラマの登場人物の区別がつかない私が、このドラマだと誰が誰だかわかりやすかった。
主人公チャングムの人は、鈴木京香に似てるし、いじわるする人は、大地真央みたいだった。
チャングムが、苦難に陥ると必ず王の護衛みたいな人が出て来るのだが、「あんたは、少女マンガに出て来る○○の人か」と突っ込みを入れたくなる。
まあ、いわゆる「運命の人」なんだが。
くっつくまで時間のかかったこと。
この人がもうちょっと男前だったらよかったのに。
私ならイ・ビョンホンでいいや。
なんで、最後に王様までチャングムにいいよるのやら…。
そして、女医になるまですごく時間がかかっているのに、主人公が全然老けてないのが謎だ。
でも、ちょっと完全版を見たい気もする。
いや、DVDを借りに行ったりしないぞ。
[PR]
by ilprincipe | 2008-03-31 20:13 | テレビ