玉華堂のモンブラン

駅前のデパ地下で「全国銘菓撰」という催しをやっていたので見に行った。
本当は、同居人のPASMOを使って、渋谷かニコタマに行こうと思っていたのだが、お猫様が病気なので遠出できず、近場で済ませることにした。
「菓匠正庵」のあんず大福、福島銘菓の「ままどおる」、宮城県の「榮太楼」のなまどらやきを買う。
おいおい、甘い物ばっかり。
あんず大福は、銀座の松屋で売ってるけど、そこまで行くの面倒なもんで。
「ままどおる」は、某ダイエット日記で知り合った人が、福島の人でよくブログに「ままどおる」が登場してたので、気になってた。一度食べてみようと購入。
なまどらやきは、前に買っておいしかったから。カロリー高そうだけど。

で、今回の一番のお目当ては、静岡の玉華堂のモンブラン。
池袋のナンジャタウンでやってたモンブラン博覧会で1位になったそうだ。
モンブラン好きの私、これは試すしかない。
b0039840_15543034.jpg
プラスチックのケースに入っていたが、1個だけ買ったので、店のおばちゃんが小さな紙袋に入れて終わり。
自転車で持ち帰ったもんで、途中で横になってた。
だもんで、写真撮影できず、この写真はよそから持ってきたもの。お値段は、525円。
お味は、まあまあだった。
マロン・ペーストはおいしいけど、中がスポンジだった。
それは違うやろ。
調べてみたら、通販メインみたいで納得。
近所のケーキ屋のモンブランよりは、おいしいレベル。
言っちゃ悪いが、東京の周辺に住んでると、いろんな店に行ける。
そういうクラスの店と比べると、平凡な味だった。
なんか和風な感じ。
私は、やっぱりフランス風のがっつり甘いのが好きだな。
今年は、日本の栗の出来が悪いそうで、イナムラショウゾウの「羽衣」もやってないとか。
一度、食べてみたいのに。
でも、イナムラの「上野の山のモンブラン」は、いまいちだった。
モンブランもいろんなタイプがあるから、奥が深い。
[PR]
by ilprincipe | 2007-11-06 20:43 | スイーツ