リリエンベルグ

栗の季節なので、おいしいケーキを食べようと新百合ヶ丘のリリエンベルグに行ってきた。
駅の改札を携帯電話で通る。
♪ピッ、という音が鳴って、ゲートが開く。
いやー、すごい世の中だわ。
あざみ野からバスに乗る。
途中、川崎市との境の風景が里山みたいで、どこに来たのかと思うほど。
柿の実がなっていた。
リリエンベルグは、ハロウィンの飾り付けがされてた。
b0039840_015589.jpg
大きなかぼちゃが、階段の左右に10個ぐらいあった。
写真のクマは、この店のキャラクター。
その階段にずらっと人が並んでたので驚いた。
今まで来た中で、一番の混みようだ。
入場制限をしてた。
でも、5分ほどで中に入れたけど。
今日の目当ては、前に食べてすごくおいしかった栗のスフレロールとタルト。
それと新発売というカシス・ムースのついた栗のケーキ。
同居人は、普通のロールケーキとアプフェル・シュトゥルーデル。
シュトゥルーデルは、まだ温かかった。
外のベンチで座って食べる。
プラスチックのフォークが1本5円と、有料になっていた。
でも、プラスチックのスプーン持ち歩いてるから、断った。
b0039840_23595994.jpg
栗のスフレロールをあっさり食べて、渋皮栗のタルト。
これがおいしい。
底のタルト部分にも栗が入っている。
横に添えてある生クリームがいらないほど。
そういえば、ここの焼き菓子を食べたことがなかった。
一度、試すべきものだな。
新発売のアルデーシュというのは、失敗だった。
栗とカシスって、やっぱり合わないと思う。
モンブランでも中にカシスが入っているのがあるけど、好きじゃない。
って、一度に3個も食うな。
[PR]
by ilprincipe | 2007-10-21 21:36 | スイーツ