ライオン丸

大阪から戻ったら、同居人が『快傑ライオン丸』にハマっていた。
CSの時代劇チャンネルで放映してるのを見て、おもしろかったそうだ。
私なんて、リアルタイムで見てたわ。
特撮時代劇という変わったジャンルだったけど、ライオン丸の頭が大きすぎて笑った。
それなら、ずっと昔の『仮面の忍者赤影』の方がおもしろかった。
あれも今見たら、特撮が幼稚で笑えるけど。
子どもの頃は、真剣に見てたもんなぁ。
年がバレるか。

しかし、この「ライオン丸」の挿入歌がすごい。
歌詞が、「昨日、お師匠さまが死んだ。今日は、どくろが襲ってくる~」って。
何なんだ、このシュールな詩は。
それも、この歌をあの子門真人が歌ってるんである。
あのよくとおる声で、こんな歌詞歌われてもなぁ。
主題歌の方は、「風よ、光よ」と格好いいのに。
でも、なんで時代劇でライオンが出てくるのか謎だ。
江戸時代にライオンを見たことがある人がいるのだろうか?
ライバルは、タイガージョーだし。
そんな深いこと考えちゃいけないのか。
[PR]
by ilprincipe | 2007-10-16 18:22 | テレビ