かん袋のくるみ餅

帰りを土曜にしたのは、同居人にとあるお土産を持って帰りたかったから。
堺名物のこれ。
b0039840_19324312.jpg
かん袋の「くるみ餅」。
堺の人で知らない人はいないぐらい有名。
このお店は、火・水曜休みなので、いつも火曜に帰る私は買えないでいた。
賞味期限が当日のみだから、前の日に買うわけにもいかず。
今回は自転車もあるので、朝一番に買いに行った。
店に着いたのは、開店15分後。
すでにすごい行列だった。
いつもは、平日の午後に行くから、そんなに並んでないのに。
結局、40分ぐらい待った。
買ったのは、壷入りの高い方3人分。
わりといい値段するんだよね。
くるみ餅といっても、木の実の胡桃ではなく、うっすら抹茶味。
品のいい甘さでおいしい。
夏は、上にかき氷をかけて食べるとおいしいそうだ。
それをまだやったことがない。
同居人も久しぶりに食べて感激してた。
わざわざ横浜まで持ち帰ってよかった。

しかし、冷蔵庫に入れようとしたら、中がおそろしいことになっていた。
私がいない間に同居人が変な買い物してた。
b0039840_19403623.jpg
「ムース」とかいう物。
九州じゃ給食に出てくるそうだ。
大阪出身の私は見たことも聞いたこともない。
たまに同居人が「ムースが食べたい」と言っていたが、普通のムース(洋菓子の)だと思っていた。
うちの実家近くのコンビニでなぜか売っていたので、買ってあげようかと思ったけど、賞味期限が短いのと、いつ帰れるかわからない状態なのでやめた。
そうしたら、通販で箱買いしてた。
ムースが10個以上冷蔵庫にあって、残りは冷凍してる。
全部で24個買ったらしい。
仕方ないので、1個食べてみたけど、牛乳プリンだった。
こんなのがありがたいのかと思ったけど、同居人の思い出の味ってことで。
[PR]
by ilprincipe | 2007-08-20 19:30 | スイーツ