オーラの泉

昨日の夜、『オーラの泉』を見ていたら、江原啓之さんがいい言葉を言っていた。
「人を羨むなら、その人がしてきた苦労までも羨みなさい」だって。
うーん、深い。
ゲストは仮屋崎省吾(正確な漢字が出ない)さんで、「おかげさまで今すごく幸せです」と、彼氏(おいっ)ができて、すごいラブラブで、仕事もうまくいってて、新しい家も建つと話していた。
それを聞いた横にいた青木さやかが、「ああ、うらやましい」と言った時に江原さんが、この言葉を言った。
美輪さんも、「仮屋崎さんは、それだけの苦労・試練を乗り越えてきたんだから」と言ってた。
何もせずに、人をうらやむばかりじゃいけないわな。
でも、世の中には、生まれつき苦労せずに生活してる人もいるわけで。
パリス・ヒルトンって、どうよ。
この前、買ったばかりのベントレーがガス欠になって困ってるところをパパラッチに助けてもらってたぞ。
「そういえば、この車買ってから、ガソリン入れたことなかったわ。あはは…」だって。
パパラッチさんには「どうもありがとう」と、さっと100ドル札渡してたなぁ。
前には「金くれ」と寄ってきたホームレスの男性に「これしかないわ」と、100ドル札出してたし。
この人は、どんな苦労してるんだろう?
まあ、パパラッチに追われて自由がないとは思うけど、でも、かなり好き勝手やってるよ。
来日した時、すべての仕事に遅刻したというし。
そのうち、何か報いがあるんでしょうかねぇ?
パリスは、かなりうらやましいと思うぞ。
それに、そんなに苦労してなさそうだし、羨んでもいいんじゃないかな。
って、こんなこと言ってるから、私はたいした人じゃないのか。
まあ、そんなにたいした人になろうとは思わないし、苦労するの嫌いだから。
せめて、人の嫌がることはしないようにしよう。
いいことをするというのは、難しいので、悪いことはしないようにしようと。
今年の目標は、悪いこと(大阪弁でいうせこいこと、みみっちいこと)はやめようです。
誰も見てないと思っても、お天道様は見てるしね。
[PR]
by ilprincipe | 2007-01-10 19:57 | テレビ