さらば、ともゆき

3月31日、この日でNHKの『ニュース7』をやっていた畠山智之(はたけやまさとし)アナウンサーが降板する。
同じく『ニュース9』は最終回。
ほとんど毎晩見ていたので淋しい。
畠山アナ、名前の「智之」は、「ともゆき」ではなく「さとし」と読む。
以前はずっとテロップでふりがなが出ていたほど。
なぜだか、某掲示板で「ともゆき」と呼ばれ大人気。
というのも、やたら噛む。
NHKのアナウンサーとは思えないほど、原稿読むのが危なっかしい。
毎晩、それを期待してニュースを見てしまうほど。
でも、落ち着いた声と読み方なので、不快感はない。
そこが「ともゆき」のよいところ。
7時のニュースの最後に少し、お別れのあいさつをしていた。
ラストだから録画しようと思ったけど、まだ9時のがあるからいいやと思っていたら、9時の部はあっさり終わってしまった。
おまけに7時のニュースは、民主党の執行部総辞職のせいで5分延長。
タイマー録画してた人たちが泣いていた。
「ともゆきを失って、オレたちは月曜からどうすればいいんだ?」と書く人や「もしやこれはペットロス?」と言う人も。
いや、ともゆきは別に死んだわけじゃなくて、今度の土曜の朝から別番組に出るんだけどね。
でも、夜のニュースはともゆきでなきゃ。
嬉々として「イチロー・スゴロク」を動かす姿が印象に残ってます。
「上がり」を末田アナにもっていかれたのは気の毒だったけど。
とにかく、6年間もお疲れさまでした。
[PR]
by ilprincipe | 2006-03-31 21:30 | テレビ