特大エッグタルト

ついにフードプロセッサーを使って、タルト生地を作った。
専門用語では「パート・プリゼ」と呼ばれるパイ生地。
粉とバターと水を入れて混ぜるだけ。
あれよあれよという間に、固まってできあがり。
こんなに簡単にできていいのかって感じ。
ただ、初めてだったので、スイッチを入れた時に粉が飛び散ってしまった。
躊躇せずに思いきりスイッチを押した方がいいみたい。

この生地を一晩寝かせて、エッグタルトに挑戦。
小さいタルト型がないので、どうしようかと思っていたら、同居人が「大きいので作ればいいじゃん」と特大エッグタルトを想像してヨダレをたらしていたので、ご要望に応えて特大のを作ることに。
(作り方は、ヤフー・グルメの「エッグタルト」を参照。)
タルト生地を空焼きして、生まれて初めてカスタードクリームを作る。
卵の黄身と砂糖とコーンスターチを混ぜて、火にかける。
なかなかトロミがつかない。
テレビで見るのと実際やってみるのとは違うもんだ。
なんとか固くなってきたので、それを冷ます。
けど、なんかパイの大きさとクリームの量が合ってないような……。
生クリームを混ぜて、焼き上げ。
やっぱり、クリームが少ない。
できあがりは、すごくぶさいくな物になりました。
b0039840_19204236.jpg
生地が大きすぎて、まわりが焦げて苦かった。
けど、クリームはおいしかった。
やはりタルトレット型でやるべきものか。
勝手にエッグ・タルトーネと名づけたんだけど……。
[PR]
by ilprincipe | 2005-04-13 20:08 | 食べ物