壽初春大歌舞伎 @歌舞伎座

歌舞伎座に行ってきました。
今回は3階席。
3階席は初めてだけど、売店がいっぱいあって楽しい。
鯛焼きを実演販売してた。
それがすごい売れ行き。
1個300円もするのにw
で、なんと舞台の生写真まであった。
隼人くんのもあったけど、衣装がいまいち地味なので買わず。
きれいなのがあったら買ってたわ。

芝居の方は、初春歌舞伎というわりには、地味な内容だったような。
『梶原平三誉石切』というのが、刀の試し切りをするのに父親が自分の身を差し出す話。
隼人くんが壁の花でした。
『松浦の太鼓』でも、その他大勢。
まあ、仕方ないよね。

それより、私の後ろにいたばあさん3人組が芝居の最中もずっと喋っててうるさい。
話ならロビーでやれよ。
隣にいたばあさんは、ずっと寝てた。
何しに来てたんだか。
そのくせ私が2回くしゃみしたら、「鼻かんで」だって。
それでティッシュでも差し出すんならともかく、それだけって。
後ろの話し声の方が邪魔にならないの?
それとも私が必死で抑えたくしゃみがあなたの睡眠の妨げになりましたか?
なんだか後味の悪い観劇だった。
(ばばあはちょっと呪っときました)
安い席ってこれだから…。
でも、わりと近くで掛け声やってる係りの人がいて、それは見事なタイミングで「○○屋!」ってやってました。
[PR]
by ilprincipe | 2014-01-15 22:02 | 舞台