『知られざる忠臣蔵』 @国立劇場

国立劇場の12月公演『知られざる忠臣蔵』の千秋楽を見てきました。
もちろん隼人くん目当て。
座頭は吉右衛門さんだけど。
隼人くんが出たのは、『主税と右衛門七』という芝居の主税役。
討ち入り前夜の主税と右衛門七を描いたもの。
主役は右衛門七だったけど、いい役でした。
小鼓を打って歌うシーンがあった。
役者はいろいろやらなきゃいけないのね。

メインの芝居は、吉右衛門さんの『弥作の鎌腹』。
忠臣蔵外伝ってやつ。
百姓の弥作がひょんなことから自害する羽目になるというもの。
吉右衛門さん、オーラがあったわ。
でも、睡眠時間3時間で見に行ったため、途中の記憶がありません。

最後が歌舞伎を舞踊劇にしたもの。
この中で隼人くんは、勘平役やってました。
袴をブルマみたいにはいてるやつ。
なんか王子様だった。

千秋楽といってもカーテンコールがあるわけじゃなく、いつものように終わった。
これにて今年の観劇も終わり。
来年は、浅草歌舞伎から始まります。
3月には松ケンの舞台もあるし、内野さんは5月か。
さすがに何回も行くのはやめようかなとw
[PR]
by ilprincipe | 2013-12-26 22:20 | 舞台