『True West』 初日

行ってまいりました。『True West~本物の西部~』初日。
6列目のセンターブロックだったんですが、傾斜がなくて見にくい。
前に座高の高い人がきたらアウトだわ。

お話は、脚本家の弟(音尾琢真)と粗野で無学な兄(内野聖陽)。
5年ぶりに再会した二人が、激しくぶつかり合う。
登場人物が4人だけ。
ほぼ二人が出ずっぱりのワン・シチュエーション舞台。
吉本新喜劇みたい、というと怒られるかw

第1幕は、ちょっとだるいかなと思う部分もあったのですが、2幕は一転してスピーディでセリフのやり合いもあって見ごたえがありました。
音尾さん、うまい。
吉村さんが、ちょっとセリフが上ずってたのが気になりました。
そして、菅原さん。
いや、初登場からインパクトがすごい。
これはまだ見てない人は、舞台の紹介写真は見ずに初見を楽しんでほしいな。
紹介写真にちょっとだけネタバレぽいのもあったし。

約5か月ぶりの内野さんは、ちょっとお腹がゆるかったw
『幻蝶』の時みたいに、尻は出さないけど、乳首は出してた。
なぜか足の裏が拝めます。
ただ、煙草を吸うシーンが多くて、前の方だと煙がくる。
私、煙草の煙が大嫌いなので、これはなんとかならんか。
ちょっとアンケートに書きたいほど。

物販は、パンフとミニ・トートバッグのみ。
ポスター欲しかったな。
でも、パンフの出来がいいので許す。
フルカラーで1500円とちょっと高いけど、写真集みたいになってます。
b0039840_19384250.jpg

これがパンフの裏表紙。
[PR]
by ilprincipe | 2013-09-29 22:26 | うっちー