Jガーデン 34

June系イベントのJガーデンに行ってきました。
事前に下調べしたら、商業作家さんの多くが忙しくて新刊はなし。
目当てはヨネダコウさんと通販しない作家さんぐらい。
9時過ぎにサンシャインに着いたが、なかなかの行列だった。
コミケほどではないけど。
とにかく風が強くて困った。
予想気温が低かったので、カイロ貼ってたけど、風はどうしようもない。
持参した新聞紙の上にマフラーを折り畳んで敷いて座ってた。
低い姿勢の方がマシだった。
開場して15分後くらいに入れたけど、ヨネダさんは大行列だった。
コミケよりすごいかも。
知人の分も頼まれてたんだけど、途中から一人1冊の制限になっちゃった。
それでもすぐに売り切れたようだ。
あとで、本人が「考えが甘かった」と反省されてたけど。
新刊出た直後だもん。
やっぱり小説よりマンガなんだねぇ。
小説の方は、たいした行列もなく、あっさり買えた。
Mさんとこに本を持参したら、サインもらえたのに。
いくつかペーパーをもらい損ねたとこはあったけど、欲しいのは全部買えた。
予算も使い切ったことだし、他のは買わず。

午後から、竹宮恵子さんとBelneさんのトークショーがあって、行列も少なかったので参加した。
話題が『Juneについて』だって。
なんかなつかしくて、おばちゃん泣けてくるわ。
大昔、竹宮先生のサイン会行ったんだよ。
あれから四半世紀、すっかり貴腐人になってしまいました。
『コミックJUN』の創刊号買った筋金入りですからw
竹宮先生は、すっかりきれいなおばあさんになってた。
Belneさんは、ショートカットでボーイッシュなおばさんだった。
いろいろ裏話が聞けて楽しかったです。
しかし、聴衆の年齢層の高いこと。
若い子たちは、『風と木の詩』なんか興味ないか。
BLなんて言葉がなかった時代だもんなぁ。
でも、風木がすべての始まりだったんだよ。
こういうイベントが開催できるのも先達の方々がいてこそだよなぁと実感しました。
[PR]
by ilprincipe | 2013-03-03 22:55 | 読書