『茅島氏の優雅な生活』

b0039840_18354597.jpg今、ハマってるのが、遠野春日さんの『茅島氏の優雅な生活』。
3巻まであって、長編かと思ったら、短編集だった。
それも話が前後する。
初めはちょっとわかりにくいんだけど、「ああ、あの時のことか」って、わかるのがいい。
桁外れの資産家だが孤独な青年・茅島氏の心を初めて捉えたのは庭師の「彼」。嵐の夜、突然アパートに押しかけてきて告白する茅島氏に、つい意地悪をしてしまう庭師だが、世俗にまみれない茅島氏の素直さに次第に惹かれてゆく。美しいイングリッシュガーデンに囲まれたお屋敷を舞台に、庭師×主人の恋を描く。

作中にボルゾイが出てくるの。
うちの近所にもいるんだけど、なんとも優雅で何にも考えてないような犬なのね。
コミック版も出てて、こっちの方がさりげなく犬がいてかわいい。
絵は小説版の日高ショーコさんの方が好きだけど。
コミック版の方は、おまけにSSが入ってるので、それが目当て。
同人誌も出てるようだけど、オクで300円のが2500円になってた。
あとからハマると、こういう時困る。
[PR]
by ilprincipe | 2012-11-19 22:33 | 読書