『愛とは言えない』

どうしてもBL本の続きが読みたくなって、車で遠くの本屋に遠征した。
駅前の大きな書店にはなかったので。
b0039840_15594564.jpgBL本を定価で買うなんて…。
集めたポイントでもらった図書券で買ったけどね。
榎田尤利さんの『愛とは言えない』の2巻です。
1巻は古本を通販で買ったけど、どうしても続きが読みたくなって。
 ―昔、あの耳をよく噛んだ。イヴの夜、実業家の橘高が10数年振りに再会したのは、唯一手に入らなかった男・サガン。2人は一夜を共にするが、朝にはサガンが姿を消す。その後、橘高は復縁を迫るが、つれない態度を取られる日々。しかし身体だけなら…と言われ、橘高はサガンを再び抱きしめるが…。愛したい男と愛さない男―大人なぶんだけむずかしい恋愛。人はそれでも、どうしようもなく…恋に落ちる。
 の続き。
どうしようもなくもどかしい。
で、どうなるのよ、早く続きを、と2巻を買ったら、まだ終わってなかった。
次は3月発売だそうで。ガクッ
コラボ作のマンガの続きは2月発売。
『恋とは呼べない』の方も気になります。
4人の男が入り乱れて、で、誰と誰がくっつくんですか?
ノンケの淳平がどうなるのか、一番気になります。
[PR]
by ilprincipe | 2012-01-17 21:57 | 読書