『セカンドバージン』 初日舞台挨拶@有楽町

行ってきました。
『セカンドバージン』の初日舞台挨拶。
それが時間を間違えて、1時間早く着いてしまった。
ちゃんとネットで時刻表調べたのに。
モスで時間をつぶした。

有楽町ピカデリーは初めての劇場。
なかなか広くて、きれいな所でした。
しかし、座席が8列目の一番端。
しかも隣はじいさん。
鈴木京香目当てか。
客層は、20~50代の女性。
ロリータ・ファッションの子が二人いて驚いた。

端の席って、本当に見にくい。
映画の感想については、あとで述べるので、舞台挨拶の方を。
フカキョンが色は黒いけど、華があってきれいでした。
鈴木京香が、おばさんに見えるほど。
だって、ノースリーブ着てたけど、腕が…だったんだもん。
ハセヒロは、いつもの行さんファッションで、初めての舞台挨拶ということで、かなり緊張した様子。
京香さんにいいようにされてた。
「人生最大のモテキですね」と言われたり。
最後の挨拶では、「長谷川さんが何か言いたいことがあるそうなので」と、いきなりマイクを振られる始末。
で、「僕たちは世界を変えることはできませんが、がんばって作った映画なので、ぜひ見てください」と他の映画のタイトルを上げて宣伝してました。
なかなかもしろかったです。
b0039840_23545331.jpg

[PR]
by ilprincipe | 2011-09-23 22:39 | ハセヒロ