『DEADSHOT』

あっという間に第3巻。
b0039840_2056499.jpg『DEADLOCK』シリーズ完結編です。
宿敵コルブスの逮捕を誓い、捜査を続けるユウト。
しかし、CIAはコルブスの暗殺を狙っていた。
敵対するディックとユウト。
爆破テロと背後に潜むアメリカ政府の巨大な影。
ついに決定的証拠をつかんだユウトは、コルブスと対峙する。
ところが、そこに現れたディックが、コルブスの銃弾に倒れ…。

正直言うと2巻がいまいちだったんだけど、3巻はよかったです。
スケール大きいし。
コロンビアの麻薬組織まで絡んできて、コルブスの過去も明かされるし。
で、ディックとユウトはどうなるのよ。
と、これが一番もどかしい。
ラストまでひっぱるんだもん。




読者の間でも、もどかしくてイヤという人がいるほど。
私はこれでいいんじゃないかと。
最後にディックがデレたし。
不器用だけどかわいい男だ。
ユウトがいいコちゃんすぎるけど。
まあ、壮大なハーレクインでございました。
「お前がいなきゃ、俺は幸せになんてなれない」だもんね。

なんか、これのドラマCDがあるそうなんですが、もう廃番でオークションですごい値段になってる。
気になるけど、そこまでの金は出さないぞ。
[PR]
by ilprincipe | 2011-08-31 22:54 | 読書