朗読劇『マクベス』

大沢たかおさんの朗読劇『マクベス』に行ってきました。
会場は、明治神宮外苑・聖徳記念絵画館前特設ステージ。
そう屋外です。
2日前まで天気予報は、曇りのち晴れだったのに、昨日から雨に変わり、今日は大雨。
さすがに超雨男。
去年の築地本願寺での『義経』でも雨。
ファンはみんなわかってるから、合羽やレインコート装備でした。
6時半開始だったので、なるべく濡れないようにギリギリに行ったのですが、開場が遅れていた。
HPで告知してたそうだけど、そんなのチェックしてないよ。
結局、開場したのが7時半。
待ってる間にズブ濡れ。
本当に雨男なんだから屋外でするのやめてほしい。
それかスタジアムでやって、観客が濡れるのは防いでほしいわ。
高い金払って、こんな目に合うのはいやじゃ。
おまけに席はS席なのに、A席の一つ前の列という。
FCで買ったのに…。

開演したのは8時。
大沢さんが出てきた途端に、また雨はひどくなるし。
どんだけ雨の神様に好かれてるんだ。
三味線オーケストラで、かなり和風のマクベスでした。
太鼓が効いてた。
「きれいは汚い、汚いはきれい」と言った時は、吹き出しそうになった。
ランダムスターは出て来ないんですか?
開演が遅れたのは、あの晴れ男が来るのを待ってたとかじゃないの?
今回、関係者席がわかりにくくて、探すの断念。
ロケがあったから来てないんじゃないかな。

2幕目、大沢さんが客席から登場したのでびっくり。
なんと私の横を走って行きました。
そして、終わり近くの殺陣のシーンで、袴がずりおちてお尻が!
オペラグラスでばっちり見えました。
私には生に見えたけど、前の方で見た人の話では、グレーのブリーフだったとか。
雨に濡れて、くっついてた模様。
これは、雨の中、がんばって見た私へのご褒美なんだわ、と思っておこう。
雨合羽に当たる雨音ばかりが耳に残った舞台でした。
[PR]
by ilprincipe | 2011-08-26 23:02 | たかお