『RIKO‐女神の永遠-』

b0039840_1444192.jpgブックオフで、柴田よしきさんのRIKOシリーズの第1巻『RIKO-女神の永遠-』が105円だったので買った。
練ちゃんも麻生さんも出て来ないのは知ってたけど。
高須が、こんなにイヤな奴だったとは。
そして縁子は、やはりお股が緩かった。
なかなかきわどい描写が多いんだけど、作者女性なんだよね。
『聖なる黒夜』読み始めた時は、男かと思ったんだけど、途中から女かなと思いだした。
だって、中身がBLなんだもん。

まあ、『聖黒』ファンは読まなくても、なんら問題ありません。
春日の「か」の字も出てこない。
昇竜会は出てくるけどw

練ちゃんと麻生さん本では、『私立探偵・麻生龍太郎』がやっと文庫になります。
9月24日発売だったかな。
書きおろしの文庫版エピローグがあればいいのに、と思うんですが、単行本にエピローグついてるから無理かな。
実は、携帯小説で連載されてるんですよ。
『海は灰色』という作品。
読もうと思いつつ、なんか手を出せないでいます。
配信が少ないそうで。
気になるんだけどさ。
そのうち読むんだろうな。
[PR]
by ilprincipe | 2011-08-24 22:33 | 読書