大沢たかお×秦基博

行ってきました。
大沢たかお×秦基博 チャリティー・コンサート。
前日の噂では、終演が20時になってて、あせった。
『JIN』の最終回に間に合わない!
会場に着いたら、終演予定18時50分になってたので、これなら余裕で間に合うとわかってほっとしました。
20時っていうのは、会場の使用時間だったのかな。

会場は昭和女子大学の人見記念ホールで、なかなか大きなホールでした。
2階席は傾斜がすごかった。
2列目だったけど、前列の女二人が身を乗り出してて、前が見えない。
なんでこういう奴らって、周りの迷惑考えないんだろう?
オペラグラス使っても、アホ女が邪魔で半分見えなかった。
本当に○ねよ。

最初に大沢さんの詩の朗読から。
谷川俊太郎だったかな。
ちょっとジェット・ストリーム風だった。
大沢さんの服装は濃いベージュぽいストールのようなカーディガン。
二重になってたみたい。
すごく高そう。
避暑地のマダムのような感じでした。サントロペあたりにいそうなw

失礼ながら秦さんの曲は「鱗」しか知らないので、ちょっとぽかーん。
3曲目に「鱗」やってくれたけど。
個人的にアコースティックな曲は、あまり好きじゃないので、途中寝そうになった。
ほんと、すみません。

『深夜特急』のパトロスから船でイタリアに渡るところを朗読。
途中、別の人が朗読を始めたと思ったら、沢木耕太郎さんだった。
かなり噛みまくってた。
そりゃあ、役者さんとく比べちゃいけないけど。
たかおは、やっぱり役者だなと思った。
朗読しながらも、ちゃんと芝居してた。
b0039840_232124.jpg

最後に読まれた「最後だとわかっていたなら」という詩がすごくよかったです。
家に帰って調べたら、911で息子を失くした人の詩でした。

あなたがドアを出て行くのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは あなたを抱きしめて キスをして
そしてまたもう一度呼び寄せて 抱きしめただろう

なんか龍馬さん思い出したよ…
[PR]
by ilprincipe | 2011-06-26 20:50 | たかお