医者のはしご

一昨日から、左目がゴロゴロして痛い。
昨日の夜は開けていられなかったほど。
歯もかりんとう食べてたら、詰めてたのが取れた。
これは放置するとひどいことになるのは、わかっているので、なるべく早く歯医者に行かねば。
目の方が替えがないからと言われたので、まず眼科に行った。
11時頃行ったら、病院の外まで人があふれてたのでびっくり。
これは何時間待ちかと思ったら、10分しないうちに呼ばれた。
あの人たち(婆さんが多かった)は、何だったんだろう?
 
診てもらったら、傷がついてるとのこと。
黒目に小さく白い点があるのは、鏡でわかったけど、傷だったのか。
で、化膿どめの目薬をくれただけ。
まあ、たいしたことではないみたい。
見えなくなったら、本当に困るもん。

で、次に歯医者に行こうと、適当な歯医者を選ぶ。
なにせ駅前の目医者に行くまでに6軒歯医者がある!
いつも行ってたとこは、なんかよくないみたいなんで変えようと思ったの。
わりと客の出入りを見かける所にしようと思ったら、もう昼休みになってた。
仕方なく、まだやってた最近できたばかりの歯医者に入った。
飛び込みでOKって。
かなり心配だったけど、アラサーぐらいの男の医者だった。
言葉つかいがやたら丁寧。
レントゲン撮られて、あちこち悪いことが判明。
ちゃんと治ってないのにかぶせてあるって!
それは前のじいさん医者のせいだ。
あの、じじい。
安いと思ったら、そういうことか。
思えば、あんまりレントゲン撮らなかったし。
ただでさえ歯並び悪いし、そのせいで虫歯多いのに。
昨日、痛めた歯は、いきなり神経を抜くことになった。
初めて行ったところで、麻酔されるとは。
「ちくっとしますよ」という言葉に反応してしまった。
よく遊びに来るたかおファンのAさんが、仁先生に「ちくっとしますよ」と言われたいとよく言うもので。
私、脳内でたかおボイスに変換してしまったわ。
というわけで、この歯医者と長い付き合いになるかもしれない。
[PR]
by ilprincipe | 2011-04-06 22:01