『時計じかけのオレンジ』

赤坂に行ってきました。
ACTシアターで上演中の『時計じかけのオレンジ』を見るため。
生小栗がちょっと見たかったのと、高良くんと橋本さとし目当て。
7列目センターという、なかなかよい席でございました。
が、音が大きすぎて、耳が痛い。
パンクオペラと銘打っているので、歌もある。
小栗旬は、スタイルがいい。
誰かさんと違って、頭小さいし。
白のスキニーパンツ履いてるのが、足が細長くて。
テレビで見てる分には、いい声だなと思ったのに、舞台だとちょっと滑舌悪いかな。
声も枯れてた。
まだ始まって1週間たってないのに。
目当ての高良くんは、初舞台で全然目立ってなかった。
きれいな顔してるんだけどね。
春からのNHKの朝ドラのヒロインの夫役に決まったので、今年は来るんじゃないかな。
向井理みたいになるかどうか…。(万人向けじゃないか)
橋本さとしさんは、1幕終わりから出た。
なんかね、いろいろ歌える人が出てるのに、もったいない使い方してる。
演出が河原雅彦。
ちょっと『メタマク』風味。
スクリーンとLED照明で派手派手舞台なんだけど、やってる人だけ楽しいって感じ。
観客置いてけぼり。
私の隣にいた二人組は1幕終わりで帰ったよ。
幕間、舞台上に主役を置いていくというのはすごかったけど。
みんな前に来て見物してた。
そうそう、小栗の生着替えがあった。
後向きだけど、お尻丸出しでした。
これだけが値打ちか。
小栗くんの歌はソロが2回あったけど、うまくはなかったです。
武田真治が出ていたのだけれど、初めどれかわからず。
老けメイクしてたから。
途中、若者役で出た時、周りから失笑が漏れていた。
めちゃいけのせいで、すっかりイロモノ扱いなんだろうか?
でも、歌うとうまかったです。
この人、トート様やったことあるんだよね。小さいけど。
カテコの小栗がかわいかったのでいいか。
ヤフオクやおけぴでチケットがいっぱい出てるのがわかる内容でした。
原作も映画も見ないで行ったんだけどさ。

ロビーに花がいっぱい飾ってあった。
『ファントム』の時にはいっさいなかったのに。
招待席には、上地雄輔がいました。
初日には山田優が来てたそうで。まだ続いてるんだ。
[PR]
by ilprincipe | 2011-01-06 23:41 | 舞台