『ファントム』 初日

行ってまいりました。
『ファントム』初日。
行く予定じゃなかったんですが、日曜に急にお仲間から、「チケットありますよ」という話が来て、「じゃ、行く」と即決しました。
オークションでも、すごく値上がってたので、手持ちの1回にしようかと思っていたところでした。
持つべきものは…、ですね。

赤坂の駅に着いた時、TBSの宣伝パネル『99年の愛』のケンイチを発見して喜ぶ。
お仲間とお茶したあと、会場へ。
4人で行ったのですが、そのうち二人はたかお歴15年のベテラン。
もちろん『ファントム』の初演も見てらっしゃる。
そのせいか、開演前にはものすごく緊張してた。
息するのもつらいとか、心配でもう帰りたいとか。
もうお一人も「口から心臓が出そう」と言ってたので、「もし出たら、私が戻してあげるから」と私一人が余裕でした。
そう、開演10分前までは。
この二人がトイレに行って戻ってきた時に事件は起きた。
私の耳元でひそっと「内野、来てる」と囁いたのです。
「え?」
今、なんと?
「後ろの席で、帽子かぶってマスクしてるのが、そうだよ」と。
そちらを見たら、いました。
明らかに場違いな格好した不審なおっさんが。
ああ、あれはうっちーだ。
来るかもしれないとは思っていたけれど、まさか初日に来るか。
それもなぜだか、私見に来てるし…。
もう、この瞬間から、私の心臓が口から出そうになったのでした。
大沢さんの歌が心配とか、そんなのどうでもよくなって。(おい)
げーっ、本当にうっちーがいるよ。
それも超プライベートだよ。
私、どうすりゃいいんだ。
どうもできないけど。
実は、座席が3列目のど真ん中でした。
うっちーの方がずっと後ろなの。
もう、ずっと後ろを向いていたい。
オペラグラスで後ろ見ていていいですか? って感じ。
あああああ。
きっと、あの会場で一番緊張してたのは私に違いない。
お仲間の緊張は、うっちー見たら、うそのように消えたというし。
その分まで、私にのしかかってきたよ。
芝居始まっても、気もそぞろ。
私だけが悶絶していたのでした。






トイレ行くふりして、前通ったりね。
うっちーは、やたら真剣にパンフレット読んでました。
というか、下向いてたかったのかもしれませんが。
横にいたのは、知り合いかな?
何度もトイレに行ったお仲間は、コロンの匂いがきつめだったと言ってました。
私、緊張しすぎて匂いかぐの忘れたよ。

うっちーは、カーテンコール2回目の途中で退席した模様。
後ろの方にいた仲間が見たそうです。
楽屋に行ったかな。

終わったあと、私がすることはただ一つ。
もうやるしかないよね、他の人がする前に。
はい、うっちーがいた席に座りにいきました。
アホです。
今日から海外出張にいった相方よ、すまん。
帰ってきたら、私の尻触ってもいいから。
本当は椅子の匂いかぎたかった…。

大沢さんの歌? 
ミュージカルでしたっけ?
ケンイチ? 誰、それ?
こんな状態です。

なんかもういろんな人に感謝です。
みんな、ありがとう!
[PR]
by ilprincipe | 2010-11-02 23:55 | うっちー