『桜田門外ノ変』 初日舞台挨拶 その2

映画が終わって、少しの間、いろいろセッティングしたあと、舞台挨拶開始。
どこから出てくるかと思ったら、後ろだった。
主要登場人物5人くらいかと思ったら、10人て。
長谷川京子、加藤清史郎、北大路欣也、伊武雅刀、生瀬勝久、渡辺裕之、中村ゆり、主題歌を歌ったalan、佐藤純弥監督。
石鹸で作った人工雪が降る中、私の方の通路を通る。
大沢さんは一番最後。
グレーのピンストライプ入りのスーツ姿だった。
やっぱ、姿はいいなぁ。
顔はまだ日焼けしたまま。
10人もいるから、一人あたりの持ち時間が少ない。
清史郎くんは、やっぱかわいかった。
大沢さん、全然笑顔見せないんだけど、清史郎くんを見る時だけ、顔がゆるむ。
私はもうオペラグラスでたかおをガン見するだけ。
b0039840_14482734.jpg

こんな感じでした。
他の人、ほとんど見なかった。
テレビで見たまんまだなという印象で、誰が特別きれいだとか思わなかった。

挨拶のあと、フォトセッションがあって、取材のカメラマンたちが前を塞ぐので、たかおが見えない。
私は端の席だから、体を左にやって見たけど。
出演者の皆さんは、さすが芸能人なので、決め顔をしてる。
でも、たかおだけは笑ってないの。
モデル時代、笑わないモデルで有名だったらしいから。
でも、最後に客をいじって帰っていった。
そこらへん、ドSですね。







背が高い。頭ちっさい。
足長い。
色黒い。
でも、わりとテレビで見たままだった。
目はコンタクトでキラキラしてました。
口に手を当てるクセやほっぺたぷぅと膨らませるのを生で見たぞ。

でもね、去年生ケンイチを見た時ほどの感激はなかったな。
これはもう思い入れというか「好き」の度合いの差だから仕方ない。
ずっとうつむいたままのケンイチが時折顔を上げた時のきらーんというオーラは半端ないから。
『ノル森』の舞台挨拶がんばって取ろう。
舞台挨拶でしか生の姿を拝めない希少生物だもんね。
麻布あたりをつがいでフラフラ出歩いてるけどさ。
[PR]
by ilprincipe | 2010-10-16 22:37 | たかお