『7月24日のクリスマス』

たかおがとっても王子様だと評判の『7月24日通りのクリスマス』を見た。
抱き枕を殴ること数回、数年ぶりに「寒イボ」という言葉を使った。
「いや~っ!」って感じ。
ハマる人はハマるかもしれないけど、私はダメでした。
ビジュアルもいまいちだと思う。
ストーリーは、2次元オタクのもてない女の白昼夢をシンデレラ・ストーリーにしたもの。
乱暴にいうとそうかな。
中谷美紀がきれいに見えない。
もてない役だから、それでいいんだろうけど、なんだかねぇ…。
『電車男』のスタッフが作ったそうだけど、男のオタクは笑えるけど女のオタクはしゃれにならない。
ナレーションとポルトガル人親子が邪魔だった。
おもしろいと思ってやってるのが空回りしてた。
b0039840_1842934.jpg

たかおはこんな感じ。
最後のコートを着た姿が、やはり元モデルでかっこよかった。
膝から下がきれいだ。
もうお話より、そっちに注目だよ。






で、これ中谷美紀の父親役が小日向文世さんだった。
そうです、仁先生、野風、勝先生が出てるの。
それなら龍馬さんも出してよ。
たかおのクライアントでいいじゃん。
意気投合して二人でリスボンに行けばいいのよ。
尻ポケットに指入れて歩けよ。(それって氷川きよし)
と、最後に腐女子さく裂したのでした。

おまけ
b0039840_1848437.jpg

革ジャンでも萌え袖
[PR]
by ilprincipe | 2010-07-17 22:35 | たかお