イントゥ・ザ・サン

風の噂で『イントゥ・ザ・サン』っていう映画のたかおがすごいらしいと聞いたので、ひとっ走りツタヤに行ってきた。
これスティーブン・セガールが主演なので洋画になるのかな。
よくわからんので、さっさと検索機械を使った。
「洋画アクション・バイオレンス」という範疇だった、
そこの棚に行って、あっさり見つけた。

なんかね、もうね、B級通り越してC級映画だった。
舞台は東京で、CIAのはみだし諜報員のセガールはんが、東京のヤクザをやっつけるという話。
アメリカ人の見た日本だ。
そのヤクザの若きボスがたかおちゃん。
なにがすごいって、このファッション。
b0039840_2151442.jpg

誰がこんなの着せようと考えたんだ?
真っ赤なレザーのジャケットの中に赤のハイネックのセーターとか。
それを着こなしてるのもすごいけど。
さすが元モデル。
でも、なんでいつも上着のそでに手を通さない?
萌え袖になるからか?
「萌え袖」とは、この人、実は腕が短くて、いつも袖が余ってるの。
それが、なんか萌える。
足長いのに、腕短いっていうのが、なんかおかしい。






b0039840_2205037.jpg

こんな表情してます。
やたら、舌なめずりしてて、それがエロい。
『仁』の清廉潔白な医者とは正反対。
医者とヤクザ、両方やれるってすごいな。
中間がない気もするけど。

というわけで、たかおを愛でるだけの映画でした。
ちなみにオーディションでこの役ゲットしたんだって。
英語のセリフもあるよ。
[PR]
by ilprincipe | 2010-04-26 20:10 | たかお