悪夢のエレベーター

うっちー主演の『悪夢のエレベーター』が届いた。
結局、買っちまった。
アンケート・サイトで貯めたポイントをアマゾンのギフト券に替えた。
結構な数やってるから、そこそこ貯まるのだ。

メイキングから見たかったけど、本編見てないので、まずは本編から。
ネタバレ禁止映画だったから、初めの方のあらすじしか知らなかったけど、そんな話だったとは。
コメディじゃなかった。
結構こわいよ。
私は、『黒い家』の岩槻さん思い出した。
主人公の安井三郎(サブちゃん)は、こてこての大阪弁(それも河内弁)を話すんだけど、うっちーうますぎ。
大阪弁ネイティブの私が言うんだから。
2,3か所おかしい所があるんだけど、あれも計算のうちだと思う。
聖陽、おそろしい子…。
b0039840_427010.jpg

映画の中で、髪にジェルつけて、この髪型にするシーンがあるんだけど、自宅でジェル3本使って練習したというのがこの人らしい。
髪質は猫毛で、よくメッシュ入れたり、金髪にしてるから、傷んでると思う。
勘助やってた時は、ころころ色が変わってた。
金髪で山梨県庁訪問してた。
本人は、「将来ハゲてもいいよ」とは言ってるけど。

メイキングの方は、全編うっちーでした。
やっぱ主演ものにかぎる。
小規模な映画だから、2枚組にはならないけど。
映画自体も堀部圭亮(元K2、勝又の相方)の初監督にしては、まあまあの出来じゃないかな。
あんなに金かけて、ああいう出来だった『カムイ』のことを思えば。
大作映画の主演をしてもらいたいけど、舞台の方が大事な人だからなぁ。
ハリウッドも夢じゃないと思うんだけど…。
英語の発音いいのに。
[PR]
by ilprincipe | 2010-03-19 23:18 | うっちー