ゴンゾウ 最終回

ああ、『ゴンゾウ』が終わっちゃったよー。
って、2008年のだけどさ。
毎週楽しみに見てたのに。
最後はやっぱり理沙と一緒になるんだろうか?
大塚寧々演じる精神科医。
医者とは思えないファッションがすごい違和感だったのだが。
全体的に固い人ばかり出てくるから、一人ぐらい柔らかい雰囲気が必要だったのかもしれん。
まあ、細部までよくできたドラマだった。
脚本の古沢さんは、これで向田邦子賞受賞した。
(『不機嫌なジーン』の大森さんもだ)
黒木さんが犯人撃ったあと、また自殺しようとロシアン・ルーレットするけど、2回連続で失敗。
それで、一人で声をあげて泣くシーンでもらい泣きしたじゃないか。
うっちー、涙よりもすごい汗だったけど。
これ夏の撮影で、クーラーのない群馬県庁の体育館で撮影したそうで。
北京オリンピックもあって、視聴率が望めないから、かえって思い切ったドラマができたって。
1話完結じゃないから、それだけ話で客をひきつけなきゃならないもんな。
b0039840_1213360.jpg

最終回から、かっこいい黒木さん。
個人的には、黒木さんの舐めたキャンディーをそのまま口に入れた鶴ちゃん(本仮谷ユイカ)がうらやましかった。
内野さんは、「イヤならカット割りして、キャンディー替えてもいいよ」と言ったのに、「私やります」と答えたそうで。
いいなぁ、ってたぶん煙草の味ついてるよ。
『ゴンゾウ』が終わって、何を楽しみに生きていけばいいの?
『蝉しぐれ』の再放送もあるし、17日には『仁』のDVD、そのあと『悪夢のエレベーター』。
4月には『臨場2』も始まる。
まだまだ内野ファンにはお楽しみがある!
しかし、9月の舞台までの7,8月をどう過ごすかが問題だ。
[PR]
by ilprincipe | 2010-03-09 19:02 | うっちー