臨場

日曜だけど雨なので、またDVDを見ていた。
昨日借りてきた『臨場』。
警察の検視官の話。
うーん、黒木さんとダブる。
でも、倉石さんの方がヤモメで枯れてる感じがする。
45歳の設定だし。
1話完結の推理もので、なんか物語自体がおもしろくない。
うっちー、主役だけど出ずっぱりじゃないし。
はっきり言うと、「これじゃ萌えん」。
DMCの社長の言葉を借りると「こんなんじゃ濡れねぇんだよ」。

と思っていたら、6話でこんなシーンが。
b0039840_1744230.jpg

3本連続で見た中で唯一萌えた場面だ。
新宿のホテルで部下の一之瀬くん(渡辺大、ケン・ワタナビーの息子)におおいかぶさるシーン。
ベッドに飛び乗ったのが、まるでルパン3世のようでございました。
ウエイト戻ってないけど、まだ身のこなしは軽い。






b0039840_1783148.jpg

入ってるよね、これ part2 byみうらじゅん
いやー、『仁』の吉原手籠めシーンに次ぐ衝撃だ。
って、こっちの方が先だったのか。
どこまでがアドリブだったのか気になる。
『仁』でも、うっちー、かなりアドリブやってカットされたそうだから。
それをDVDの特典映像で入れてくれないだろうか?
1万円高くても買うのに…。

もひとつ余談。
『臨場』では、倉石さんの趣味が家庭菜園で野菜を作ってるのだが、毎回きゅうりやトマトをかじってる。
で、かじったトマトを一之瀬くんに渡したんだが、これ『ゴンゾウ』の日比野くんなら、そのままかじっただろうな。
一之瀬、空気読め。
って、無理か。
[PR]
by ilprincipe | 2010-03-07 21:59 | うっちー